夫がまた浮気しないために

たくさんの浮気された女性からの相談で、『主人はまた浮気すると思いますか?』『浮気させないためには、どうしたらいいですか?』と聞かれることがあります。

ネットでは、『浮気した男は、また絶対に浮気する!』とよく書かれています。これが正しいのか、正しくないのか、は分かりません。ただ、『また浮気させないように努力できる』ことは、間違いありません。

良き妻でいることは、限界がある

『夫が浮気したのは、私が至らないことが原因』と考える人もいます。ただ、どれだけ奥さんが頑張っても、浮気する人は浮気します。夫に常に気をつかい、家計を切り詰めて夫のお小遣いを多くし、家事や育児はもちろん妻が全て行い、夫に文句を言わず、いつも笑顔でいるようにしていても、浮気された人もいます。

もちろん、居心地が悪い家よりも、良い家の方が、夫は家に帰ってくるかもしれません。ただ、あまり関係ないと思います。もっと具体的に、出来ることがあります。

お金、時間、情報を管理する

やはり、お金が自由に使えたり、勤務時間が不明瞭な職業の方が、浮気する傾向にあります。例えば、単身赴任中、出張が多い、自営業やサービス業などです。逆に、残業と出張の少ないサラリーマンで、お小遣い制であれば、かなり確率は減るようです。

ただ、いまさら仕事や職場を変えることは困難でしょう。可能な範囲で、お金、時間、情報を管理することが大切です。

お金

・お小遣い制にする

・クレジットカードの明細を確認する(最近では、ネットで閲覧できるので、郵送しない設定にもできる)

・給料明細を確認する(浮気している夫は、様々な理由をつけて給料明細を見せていないことが多い)

・年末に源泉徴収も確認する(稀かもしれないが、給料とは別の口座に手当てなどが振り込まれる会社もある)

・夫の家計簿をつける(夫自身はやってくれないので、妻が行う)

・ご主人個人の口座であっても、通帳を見せてもらう

時間

・給料明細の残業時間や休日出勤の時間を確認する(サービス残業と言われると難しいが…)

・タイムカードや、勤怠記録を写真でもらう(ご主人の協力が必要)

・SAPICAなどの電子定期券の履歴を見る(定期券の範囲内で乗り降りしている場合は難しい)

情報

・カーナビの履歴をみる(過去に通った道が分かる)

・合意の上で携帯電話を見せてもらう(ただ、浮気していなくても、見せたくない人も多いようです)

・GPS機能で居場所が分かるようにする

浮気されたときが、絶好のチャンス

これらを突然、始めようとしても、「なんで、そんなことしなきゃならないの?」ケンカになるでしょう。ただ、ご主人の浮気が発覚し、反省している状態であれば、要求に応じてくれるかもしれません。逆に考えると、この機会しかありません。

口約束では、将来、揉める原因になるので、しっかり書類にして、サインさせることが重要です。

もちろん、ご主人を疑い、携帯をチェックするようなことは、お互いが嫌だと思います。実際にはしないかもしれません。ただ、「しようと思えば出来る状態」と「ご主人が拒否するから出来ない状態」では、安心が全然、違います。いつでもチェックされる可能性がある、ということが、ご主人の浮気の抑止力にもなります。

過去の話ではなく、未来の話をする

今後の約束(誓約)をすることは、これからの二人の関係を築く中で、とても重要です。

浮気されたとき、ご主人に「浮気しました」「次は離婚します」と一筆書かせる方がいますが、これは過去のことであって、それから前向きな考えにはなりません。

もちろん、浮気した方が悪いのですが、その事実をずっと非難しているだけでは、再構築はできません。

区切りをつけて、二人で、これからどうして行くのかを考え、前向きな約束することが、浮気を繰り返させないための方法だと思います。