浮気や不倫の謝罪文の書き方

浮気相手の奥様やご主人様に対する謝罪文の書き方、注意事項、サンプル(例文)などについてご紹介します。

 

どんな状況でしょうか?

・妻に浮気がバレたと浮気相手から連絡がきた

・浮気相手の奥様から電話やメール、LINEがきて、返信しなければならない

・浮気相手の奥様から会って話したいと呼び出されている

・浮気相手の奥様が依頼した弁護士から内容証明が届いた

・慰謝料を払うことになったが、謝罪文も求められた

 

謝罪文は書くべきか?

不倫された側からすると、慰謝料が欲しいとは限りません。恨み、悔しさ、復讐したい…。そんな感情を解消する手段が、慰謝料請求しか認められていないだけです。真摯に謝罪することで、慰謝料を請求されなかったケースもあります。それくらい、謝罪の気持ちを伝えることは大切です。不倫を認めたくない、慰謝料を払いたくない、払えないという気持ちも理解できます。ただ、円満な解決のためにも謝罪は重要です。

不倫が事実なのであれば、誠意ある謝罪をすることがオススメです。

・慰謝料が減額される可能性がある

・慰謝料が請求されない可能性もある

嘘をついたり、謝罪しないと慰謝料が増額の可能性もある

詳しくは【不倫 謝罪 損得】などで検索してみてください。

 

配偶者に対する謝罪文はこちら

不倫した男性の、自分の妻に対する浮気の謝罪文については、こちらをご覧ください。

妻に対する浮気の謝罪文

 

浮気や不倫の謝罪文のポイント

謝罪文のポイントをご紹介します。

1 謝罪文を書くメリットは?

浮気相手の奥様に誠意ある謝罪をすることで「慰謝料が請求されないかもしれない」「請求されても慰謝料が安くなるかもしれない」というメリットが考えられます。なにより、円満に、穏便に解決できるかもしれません。例えば

・訴訟などにはならず、専門家に依頼する費用がかからなかった

・同じ会社だったが、会社にバレずに解決した

・奥様から会って話がしたいと言われていたが会わずに済んだ

・ダブル不倫だったが、自分の夫や妻に秘密にしてくれた

・スムーズに解決して時間やストレスが減った

などが実際にありました。もちろん、謝罪すれば必ず円満に解決するわけではありません。しかし、謝罪しないよりはマシです。

 

2 不倫の慰謝料っていくらぐらい?

不倫してしまった人にとって、最も心配なことは高額な慰謝料を請求されてしまうことです。しかし、近年、不倫の慰謝料が低額化していることはご存知でしょうか? 離婚しない場合、50万円から100万円程度と言われています。詳しくは【不貞慰謝料の本当の相場 低額化 弁護士ブログ】で検索してみてください。

場合によりますが、無駄に争うより、しっかり謝罪して慰謝料を払って円満に解決した方が、結果的に安く終わるかもしれません。恨みを買って泥沼化すると、無駄な費用と時間がかかります。

 

3 会って謝罪した方がいい?

直接、会って謝罪した方がよいでしょうか? 結論から言うと、まずは手紙やメール、LINEなどで謝罪することが一番だと思います。会って謝罪すると、様々なリスクがあります。「不倫された側は不倫相手の顔など見たくない」「謝罪しても許されることはないので結論が出ない」「答えようのない質問をされる」「無理な要求を断りにくい」などが考えられます。

 

4 謝罪文を送るタイミングは?

「まだ謝罪を求められていないけれど、こちらから謝罪した方がいいですか?」と聞かれることがあります。そもそも、謝罪は求められてすることではありません。自分が悪いことをしたから謝る、というだけです。謝罪しないということは、相手からは悪いと思っていない、反省していない、と思われても仕方ありません。基本的には、謝罪は早いに越したことはないと思います。

 

5 よくある謝罪文のサンプル、例文

浮気相手の奥様に対する謝罪の手紙の例文です。長くなったので別のページにします。

浮気相手の奥様への謝罪の手紙の例文

 

謝罪文の作成をサポート

謝罪することの重要性をご紹介しました。

このサイトは行政書士札幌中央法務事務所が運営しています。当事務所では、これまで離婚や不倫のご相談が2000件以上ありました。特に多いのが、夫や妻に不倫された方からのご相談です。浮気された悲しさ、辛さをたくさん聞いてきました。その中で、浮気相手に謝罪して欲しい、謝罪を受け取った、という声もたくさんありました。しかし、ほとんどのケースで、満足できる謝罪文ではありませんでした。こうした経験から、浮気された人がどんな謝罪、言葉を求めているか、なにを書いてはダメなのか、という内容を網羅した謝罪文の作成サポートを始めました

 

謝罪文は浮気された家族のため

謝罪の手紙を他人に手伝って貰うことは良識に反する、という考えも理解できます。しかし、当事務所が謝罪文作成のサポートをする目的は、不倫した人が許されるため、ではありません

不倫されて苦しむ家族が、誠意ある謝罪文を受け取ることで、ほんの少しでも楽になり、安心し、夫婦関係の修復ができることも目的としています。不倫が原因の離婚を減らすことで、少しでも辛い思いをする子どもや家族が減ることも目的としています。

不倫の慰謝料の裁判など、誰も幸せになりません。誠意ある謝罪文が書けるのであれば、ご自身で書いてももちろん良いと思います。しかし、適切に謝意を伝えることはとても難しいため、サポートをしています。

 

プロに依頼する4つのメリット

当事務所にサポートをご依頼されるメリット、特徴をご紹介します。

不倫された側の辛さ、不安に詳しいから書ける内容がある

不倫された人が、どれだけ辛くて、どれだけ体調が悪くなるのか、経験しないと理解できません。当事務所ではこれまで、浮気されて自殺未遂をされた方、不倫相手の会社に突撃した方などもいました。当事務所では、浮気された悲しみ、辛さ、不安を考慮した謝罪文の作成が可能です。

なにを書くと不快に思われるか、地雷文章にも詳しい

すべて正直に、赤裸々に書けばいい、というわけではありません。受け取る方が不快になるほどの詳しい表現は逆効果です。他にも、言い訳に聞こえる表現もNGです。受け取った人の感想にも詳しいから書ける内容に仕上がります。

第3者の立場から、冷静に考えることができる

いま、このページを読んでいる方は、浮気がバレて、罪悪感や不安でいっぱいだと思います。そんなときに誠意ある謝罪文を書くことは難しく、どうしても言い訳や保身が多くなってしまいます。第3者からの立場から考えることも重要です。

実績多数

未成年から70代まで、たくさんの方から依頼されています。不倫は特殊な事情があることが多く、ネットのサンプルだけでは足りません。当事務所では、豊富な経験から、どんな事情がある場合でも、お役に立てます。

 

ご依頼に関して

費用

謝罪文の作成サポートの費用は2万円(税別)です。それ以外の相談料や修正料などは一切、不要です。

相談はすべて無料

相談はすべて無料です。24時間365日、メールかLINEで受け付けています。

・相手の氏名、住所、連絡先、会社名など、個人情報を教えて頂く必要は一切ありません。

・書類を郵送することはありません(ご家族にも知られません)

・念書や誓約書、和解書や示談書についてもご依頼いただけます。

・代わりに謝罪文をすべて書く、ということではありません。あくまでご自身の反省を伺った上で、謝罪の手紙の作成をサポートします。

所要時間

ほとんどのケースで、お振込から2日以内で完成します。面談は不要ですので、全国どこからでもご依頼いただけます。お急ぎの場合は、当日に完成することもあります。

ご依頼の流れ

1、まずはLINEやお問い合わせフォームから「不倫してしまい、相手の配偶者に謝罪文
を書きたい」など、ご連絡ください。料金や内容など、ご質問があれば何でも聞いてください。

※この時点では、浮気の詳細は教えて頂かなくて大丈夫です。

2、こちらからご連絡し、依頼についてのご説明をします。料金や注意事項などをご確認します。

3、料金などに納得いただき、ご依頼を決めて頂けたら、詳細を伺います。詳細については、こちらから必要なご質問します。同時に、振込先口座をご案内します。

4、お振込を確認後、こちらから謝罪の案を提示します。

5、これに修正や追記をしていき、内容の完成を目指します。

6、最後はご自身で手書きし、終了です。

詳細は、謝罪文に書くことだけを教えていただきます。例えば、本当は○○なんだけれど、謝罪文には××と書きたい、という場合は、××だけを教えて頂ければ十分です。また、フェイク(嘘)の情報でも大丈夫です。こちらは教えて頂いた情報どおりに案を作成しますので、それを手書きする際に、ご自身で正しい情報に直してください。例えば、本当はプロ野球選手でも、プロサッカー選手です、のような感じです。浮気や不倫に関することは、とてもセンシティブなことですので、いくら守秘義務がある相手でも言いにくい、という声も珍しくありません。ご安心くださいね。

 

依頼したら、どんな謝罪文になるの?

インターネット上のサンプルとは、かなり違う謝罪文になります。

不倫相手に子供がいるか、離婚するのか、職場が同じなのか。肉体関係があったのか、既婚者だといつ知ったのか、奥様が一番望んでいること(仕事を辞めて欲しい、慰謝料を払って欲しい)はなにか。遊びだったのか、本気だったのか。はじめてバレたのか、奥様(ご主人)と面識があったのか、プレゼントや旅行代、ホテル代は誰が出したのか。慰謝料を払うなど、これから自分がどうするのか。 など、ご自身の状況にあわせて、最適な謝罪文の案をご提案、サポートしています。

長さは原稿用紙3ページ以上で、自分で一生懸命に考えたような文章です。また、年代や性別に合わせて、言葉使い、表現なども工夫しています。例えば、若い女性と壮年の男性では表現はまったく違います。特にインターネットのサンプルと違う点は、反省や後悔の気持ちを強く書いている点です。

ネットのサンプルは、申し訳ございませんでしたー、と形式的に謝っているだけです。まったく気持ちが感じられません。これでは逆効果なのです。どれだけ本気で申し訳なく思っているか、反省しているか、二度と同じ過ちを繰り返さないか、が伝わらなければ意味がないのです。

おそらく、ご自身で書いたものと、大きく異なると思います。ご依頼された多くの方から、自分では書けなかった、依頼して良かったと反響があります。

 

お問い合わせ

LINEでのご相談はこちらです。24時間365日、受け付けています。LINEやメールのご相談はすべて無料です。氏名や住所なども必要ありません。

1、まずは下のボタンを押してください。LINEアプリが開きます。

友だち追加

2、次に、LINEの画面で、文字を入力してください。※なにか送るまで、こちらには一切、通知されません。

3、内容はどんなに短くても構いません。こちらから伺います。

※メールのご相談はこちらから

※メールアドレスのお間違い、迷惑メール設定などにより、当事務所からのメールが届かない場合があります。12時間以内に返信がない場合、LINEでご連絡頂けると幸いです。

 

Q&A(よくある質問)

よくある質問です。長いので読まなくても大丈夫です。

どのくらいの長さがありますか?

当事務所でサポートした場合、謝罪文は手書きにすると3ページから5ページになります。文字数は1400文字ほどです。※書きたい内容によります

肉体関係がない場合も依頼できますか?

できます。肉体関係はなく、相手と食事したことに対する謝罪文なども可能です。その他、浮気したと誤解されている、などもあります。

こちらの希望も入れられますか?

もちろん、追加できます。基本的に、どんな内容でも追加できます。

・相手が妊娠中、里帰り中だった

・奥様とも知り合い(友達)だった

・彼とのLINEで奥様を侮辱してしまった

・誤解を与えてしまった(離婚して欲しいなど)

・奥様からの連絡を無視した、返信が遅くなった

・奥様からの呼び出しを断った

・過去にも不倫していた、警告を受けていた

・プレゼントを受け取った、旅行代を出してもらった

などに対する謝罪をよく追加します。

自分で書かなきゃ意味がない?

「謝罪文を他人に考えて貰うなんて、謝罪の意味がない」という意見もあるようです。それは誤解だと考えます。謝罪コンサルタントという職業があるように、謝罪の気持ちを伝えるためには、テクニックが必要です。本当に反省していても、それは伝わらなければ意味がないのです。当事務所では、謝罪したい気持ちを、相手に分かりやすく伝えるためのお手伝いをしています。

急いでいますが、すぐにできますか?

土日も営業しています。必ずではありませんが、当日中に作成することも可能です。

遠方ですが、依頼できますか?

できます。面談は不要なので、世界中、どこからでもご依頼いただけます。

男でも依頼できますか?

もちろん、大丈夫です。ご依頼の多い女性を例に書いていますが、男性からの相談も多くあります。また、奥様に対する謝罪文のご相談も多くあります。

学生でも依頼できますか?

もちろん、大丈夫です。学生から70代まで、幅広い年代からの実績があります。

依頼できない場合はありますか?

当事務所でサポートできる謝罪文は、謝罪に関することだけです。慰謝料を減額したい、払いたくない、と伝えたい場合は弁護士事務所様にご依頼ください。

相手の住所や連絡先が分かりませんが、依頼できますか?

できます。手書きの手紙が理想ですが、住所が分からない場合などは、メールなどで送る方もいます。相手の方に呼び出されたときに持参する方もいます。彼宛に送る方もいます。詳しくはご相談ください。

電話での謝罪にも対応していますか?

対応しています。相手の住所が分からない場合など、お電話で謝罪することもあります。そうした際の準備書面として作成することも可能です。通常の内容に加えて、冒頭に、最後まで話を聞いて頂けるような言葉を追加します。

既婚者だと知らなかった場合でも、依頼できますか?

できます。交際相手が既婚だと知らず、騙されていて、結果的に不倫となった場合などでも、作成できます。

無料でアドバイス貰えますか?

謝罪文の依頼に関するご相談は、すべて無料です。ただ、依頼をするつもりはないけれど、自分で書くアドバイスだけ欲しいというご相談はご遠慮ください。

 

ご依頼された方の声

当事務所に謝罪文の作成を依頼された方の感想を、『ご利用者からのお手紙』風に書いてみました。(守秘義務があるので脚色しています。フィクションです)

20代、独身女性の場合

会社の上司と不倫してしまい、奥さまにバレ、呼び出されてしまいました。そのときに、『慰謝料請求する』『ご両親にも伝える』『会社も辞めてもらう』などと言われました。すぐに不倫はやめ、連絡もしませんでしたが、いつ慰謝料請求されるのかと、不安な日々を過ごし、自業自得とはいえ、体調を崩してしまいました。せめて謝罪文を送ろうと思いましたが、言い訳のような文章しか書けず、こちらに依頼しました。申し訳ない気持ちを伝えることはもちろんですが、『今後、どうするのか?』ということを中心に、謝罪文を構成してもらいました。『異動願いを出すこと』『二度と会わないという誓約書を書いて同封すること』『連絡先を変えること』などを提案され、手紙にしました。その結果、『今回に限り、慰謝料請求はしない。その代わり、二度と主人と連絡しないこと。約束を破ったら、次は高額な慰謝料を請求する』ということで終えることができました。また、奥さまからの手紙には、『あなたが十分に反省していることが伝わりました。あなたを許せるわけではありませんが、あなたを恨んでも幸せにはなりません。今後、あなたの行動で、他の家族を苦しめないよう、二度とを同じ過ちを繰り返さないでください』と書かれていました。謝罪文の作成はすべてメールでやりとりしたので、自宅に書類が届くこともなく、幸いにも親にもバレませんでした。また、依頼から完成までに2日もかからなかったので、慰謝料を請求される前に送ることができました。今回のことで、慰謝料を請求されることばかりを心配していましたが、奥さまからすると、お金ではなく、気持ちの問題なんだと感じました。本来であれば、慰謝料を支払うべきことですので、本当に幸運というか、奥さまに感謝しています。もう二度と、既婚の男性とは二人で会わないことを誓いました。

+++ 当事務所からのアドバイス +++

こちらは慰謝料請求されなかった幸運なケースです。必ずではありませんが、真摯に謝罪すれば、円満に解決できるかもしれません。

 

30代、既婚男性の場合

既婚の元彼女と不倫してしまい、相手の旦那様からメールで連絡がありました。自分も既婚者で、本当に自分勝手ですが、離婚したくないので妻には知られたくありませんでした。相手の旦那様から当初、「自分の妻に白状しろ、それか300万円払え」とメールがありましたが、どちらも難しい状況でした。とにかく謝罪しようと思い、謝罪の手紙を書くことになりましたが、反省の気持ちはあるものの、どう言葉にしていいのか分からず、上手く書くことが出来ませんでした。そこで、こちらに謝罪文作成のサポートを依頼しました。依頼後、『自分のなにが悪かったのか』『慰謝料を払う以外になにができるのか』など、細かく質問され、答えていくうちに、自分の過ちに気づくことができました。分かりやすい言葉で原案を作成して貰い、あとは自分の言葉に直し、メールで送りました。結果、相手の旦那様から『あなたの家庭を壊したいわけではない。あなたの奥様や子供が苦しむことを望んでいるわけではない』というお言葉を頂き、妥当な慰謝料を分割で支払うことで、終わらせることができました。妻にバレていたら、きっと離婚されていたと思います。本当に謝罪文作成のサポートを依頼して、良かったです。自分では絶対に書けない内容でした。

+++ 当事務所からのアドバイス +++

浮気は悪いことです。奥様にバレなくて良かった、と手放しで喜ぶべきことだとは思いません。ただ、浮気された女性から、浮気の事実を知りたくなかった、するならバレないようにして欲しかった、ということもよく言われます。結果として、奥様やお子様が苦しむことなく終えることができて良かったと感じます。

 

謝罪しなかった後悔

既婚者の上司と不倫し、上司の奥さまに呼び出されました。上司はLINEの履歴は消していたと言っていましたし、不倫の証拠があるとは思えませんでした。また、『不倫を認めたら慰謝料請求される』という恐怖や、ネットの『不倫は認めたら負け』という情報を信じてしまいました。気が動転していたこともあり、奥さまから連絡があった際、『二人で食事はしたことがあるが、肉体関係はなかった』と嘘をついてしまいました。しかし、相手の奥さまは、私たちが1年以上前から肉体関係を持っていたことを知っていました。上司が正直に話したそうです。肉体関係の明確な証拠はなかったものの、たくさんの嘘がバレ、離婚されたくない上司は正直に肉体関係を認めたそうです。当然ですが、不倫したことに加え、私が奥さまにハッキリと嘘をついたことが、余計に事態を悪化させました。その後、相手方の弁護士より内容証明が届きました。結果的に裁判で慰謝料は◯万円でしたが、このことは経営幹部にも伝わり、上司も私も異動になりました。費用も高額になりました。この不倫は、上司から積極的に誘われて始まったもので、私も最初は拒否していました。このため、どこか私も被害者だと感じていて、奥さまに嘘をついてしまいました。しかし、私は不倫相手であり、上司が守るべきものは家庭と自分自身でした。奥さまに嘘をつく前に、しっかりと現実を理解し、誠心誠意の謝罪をしていれば、と後悔しています。

 

終わりに

不倫は悪いことです。ただ、誰にも間違いはあります。悪いことをしたあとに謝るのか、嘘をつくかどうかで、相手の対応も違います。不倫したことと、不倫がバレたあとに嘘をつくことは別の問題です。バレたあとに嘘をついたり、無視するというのは、明らかに悪意があると思われ、その後の関係に大きく影響します。

これまで、不倫相手から謝罪がないから慰謝料請求したい、という相談が数多くありました。不倫が事実なのであれば、誠意ある謝罪をオススメします。

ちなみに、正直に認めない方がいい、謝罪しない方がいい、とアドバイスするひとは、なにかあっても責任をとってくれるわけではありません。その人はなにも損をしません。嘘をつくことも、不倫を認めないことも、すべて自己責任です。良心に従って行動されることをオススメします。

繰り返しになりますが、不倫が原因の離婚を減らすことで、少しでも辛い思いをする子どもや家族が減ることが願いです。

謝罪文をすべて代わりに書く、ということではありません。ご自身の反省の気持ちを、相手に正しく伝わるような手紙を一緒に考えます。あくまでサポートです。

誠意ある謝罪の手紙が書けなくて悩んでいる方は、どうぞご相談くださいね。