慰謝料請求することを旦那に知られたくない

夫や妻の不倫相手に慰謝料請求したいけれど、請求していることを、夫や妻に知られたくない…というご相談が多くあります。

 

秘密にしたい理由

・逆ギレしそうで怖い

・嫌われそうで怖い

・代わりに支払うと言いそうで怖い

・また不倫でケンカしたくない

・お金を得したと勘違いしそうで怖い

 

逆ギレしそうで怖い

『相手に迷惑をかけるなんて!』『彼女は関係ない!』『オレの会社での立場を考えないのか!』など、理解できない理由で逆ギレする人がいます。男性に多いと感じます。もちろん、無視しても良いのですが、離婚しないためには、争いは避けたいですよね。

 

嫌われそうで怖い

『そんなことをする人だと思わなかった』『卑怯だ』『お前だって責任があるくせに』など、理不尽なことを言われることも。言い方は様々ですが、自分の不倫を棚に上げて、妻や夫を非難する人はいます。

 

代わりに支払うと言いそうで怖い

不倫相手に慰謝料を請求すると、夫や妻が代わりに払おうとするケースもあります。もちろん、そんなことをすれば、余計に怒りを買うことは明白なので、普通の人はしません。ただ、理解不能な人もいます。こうしたケースは、不倫が継続していることが多いようです。肩代わりの可能性がある場合は、請求する前に、ご主人や奥様に、肩代わりしないよう一筆、書かせることも重要です。

 

また不倫でケンカしたくない

過去に不倫でケンカしたことがある場合、また不倫のことで家庭内がギスギスするのが嫌、子供に申し訳ない、という方もいます。

 

 

お金を得したと勘違いしそうで怖い

『そのお金、オレのおかげだよね』『慰謝料で温泉行こうよ』など、不倫した側が、慰謝料を使おうとするケースも。ほとんどありません。

 

内緒で請求できるか?

不倫相手が反省していて、常識的な人であれば、わざわざご主人や奥様に言わないでしょう。

ただ、法律的には、相手は慰謝料を払うことと別れることの義務しかありません。「あなたの奥様からこんな連絡が来た」と不倫相手に言うことが問題になるか、というと難しいと思います。

 

不倫相手の心情からすると難しい

また、それは離婚せず、円満な夫婦でいることを意味します。不倫相手の女性からすれば、自分は誘われただけなのに慰謝料を払うことになる。けれど、彼は1円も払わず、奥様とも円満でなにもなかったかのように暮らしていくなんてズルい!という方がいます。奥様に対しては申し訳ないと思うかもしれませんが、彼(ご主人)も苦しんで欲しいと考えるようです。

 

相手が離婚を狙っているか

もし不倫相手の女性が略奪(離婚させて自分と再婚したい)と考えているのであれば、むしろ奥様からの連絡を喜んで男性に話すかもしれません。そうした可能性がある場合、やはり女性に言うよりも先に、ご主人に言うのが良いと思います。プライドの高い男性は、自分を超えて奥様が不倫相手に連絡することを嫌がります。彼女が可哀想、妻は彼女をいじめる悪者、のように言ってくるケースもあります。

 

ご主人が余計なことをする可能性

仮に、女性が奥様の要求を受け入れて、他に好きな男性ができたなど嘘をついて、ご主人と別れようとします。そこでご主人があっさり諦めてくれれば問題ないのですが、そうとも限りません。彼氏ができても交際を続けたい、という人もいます。最悪なのが、別れるなら妻に言うぞ!と脅すケースです。ほとんどありませんが、たまにあります。

また、職場不倫も面倒です。ご主人の立場が上の場合、女性に嫌がらせやセクハラをすることもあります。単純に奥様も不安です。

 

夫が反省しない、という不安も

不倫相手が要求を受け入れて、ご主人に嘘をついて(奥様からの連絡を伏せて)別れた場合のリスクです。ご主人はなにもペナルティもなく、不倫が終わることになります。慰謝料を払うわけでもなく、家庭がギスギスすることもありません。その場合、反省せず、また不倫するのでは?とよく聞かれます。

個人的には、それは分かりません。ただ、その可能性よりも、夫が離婚するとか、彼女に本気になる前に終わらせたい、というご相談の方が強いと思います。

 

大成功するケースもある

いろいろと書きましたが、夫に秘密にして別れてください、という相談は珍しくありません。実際、その要望が叶う割合は半々、と言ったところでしょうか…。求める内容や、表現によります。そして、相手の女性がどんな方か、が大きく影響します。

ポイントはご自身の正当性ではなく、相手の立場や感情を配慮してあげることだと思います。

 

知られたくないなら、円満に解決するべき

例えば、『夫に他に好きな人ができたと言って別れること。そのあとは二度と接触しないこと。妻から連絡があったことは絶対に夫に言わないこと。それを守ってくれるなら、慰謝料は10万円でいい。その代わり、夫(妻)に言ったら、150万円請求します』と言われたら、どうしますか?

普通の理解力があれば、不倫相手に言わずに、慰謝料を払いますよね。もちろん、こう書くのは脅しになるのでダメです。

これは極端な例ですが、やはり、高額な請求をしたり、裁判をしたり、脅すなどすれば、ご主人に知られる可能性が高くなります。

 

女性のタイプによる

例えば、相手が既婚の女性であれば、秘密にして別れることが多いです。自分の夫にバレると困るからです。夫にバレそうだからもう会えない、などの分かりやすい嘘もあります。

次が、独身の若い女性です。わざわざ不倫するような男性と結婚する必要はありません。ほとんどが遊びの不倫です。お金もありません。円満に終わるなら、黙って別れた方が楽です。

逆に難しいのが、30代後半から40代前半の独身の女性です。この年代の女性の時間は、結婚や出産に関してとても貴重です。彼が自分に結婚や出産を期待するような発言をしたくせに、彼だけ幸せのままなんて許せない、という話になりやすいです。不倫が終わるとき、男性に恨みや怒りが向くことが多く、彼の家庭を壊したい、となりがちです。ちなみに、不倫のままでもいい、子供だけでも欲しい、というケースもあります。

その他、ご主人が独身だと偽って不倫がはじまった、なども難しいでしょう。

 

誰に相談するかも大事

基本的に、相手は慰謝料を払う義務しかありません。法律の専門家に相談すると、とにかく高額な慰謝料を請求した方がいい!と言われるかもしれません。慰謝料ゼロ円で黙って別れても、報酬が算出しにくいようです。悩んだときは、お近くの複数の専門家に相談してみるのが良いと思います。

不倫相手にとっても、高額な慰謝料を請求されるより、妥当な慰謝料で円満に解決した方が得だと思います。あとは気持ちやプライドの問題です。

 

夫に浮気されたときに知っておくべきこと】に戻る