浮気した夫が再構築に前向きでない

 

前のページでは、浮気した夫から離婚したい、と言われたケースをご紹介しました。このページでは、そうした夫との再構築についてご紹介します。

 

意外と珍しくない

実は、浮気した旦那から離婚したいと言われた、浮気した旦那は離婚したいとも離婚したくないとも言わない、などの相談は珍しくありません。そんな男なら離婚した方がいい、という人もいますが、子供のため、経済的な不安のために、離婚したくない、という女性は珍しくないのです。なにより、浮気されても、ご主人への愛情が消えるわけではないのです。

 

立場が逆転してしまう

普通のイメージであれば、浮気された奥様が「もう離婚する!」と言って、ご主人が「ごめん、許してほしい、もう二度と浮気しないから離婚しないで欲しい」という流れだと思います。しかし、浮気したご主人が離婚したい、浮気された奥様が離婚したくない、というこのケースでは立場が逆転してしまい、本当に辛い状況です。残念ながら、同じように悩んでいる女性は、とてもたくさんいます。

 

浮気相手への慰謝料請求は諦める

浮気されても離婚しない場合、浮気相手への慰謝料請求は諦めることもあります。請求した場合、ご主人がさらに逆ギレして家出する可能性があるためです。

難しいのが、離婚する可能性も考えて、証拠を残しておきたい、という場合です。もちろん、離婚に備えることは大切です。しかし、離婚しないための行動と、離婚の準備は、まるで逆の行動となります。離婚したくないと言いながら、ご主人を訴える証拠を集めるというのは、難しいのです。

 

1番のポイントは別居

話を戻します。そんな状況で、じゃあ、どうすればいいのか??と悩むと思います。ポイントは、ご主人が具体的な行動をするか、しそうか、ということです。

一番は、ご主人が家を出ていくことです。それがひとり暮らし、実家、行方不明などは別として、ご主人が家出や別居を始めた場合は、かなり困難な状況です。なぜなら、別居は面倒なので、男性はあまりしません。家出したということは、相当な覚悟、思いがあることが多いです。

逆に言うと、ご主人が離婚したい、と言い出しても、ちゃんと家に帰ってきて、ご飯を食べてくれるのであれば、まだマシな状況です。そのまま、なんとなく話が流れることもあります。ちなみにこうした状況で、奥様が実家に帰る、別居するというはオススメできません。

 

2番のポイントはお金

次に難しいのが、ご主人の給料などをすべて奥様の管理からご主人の管理にされる、することを求められることです。

離婚するのだから、お金を自分で管理したい、という考えは理解できます。しかし、それをすると、奥様と子供が経済的に困ることが多く、上記のように、なんとなく時間が過ぎるのを待つ、ということが難しなります。

ただ、ご主人の要望を無視し、このまま奥様が管理する、というのも、ご主人は怒ります。ご主人の指示に従うか、拒否するかは、その状況によります。

 

話し合いは逆効果?

こうした状況で、多くの女性は、夫との話し合いを試みます。

「私は夫に感謝しているし、愛しています」「私が悪かったとこは直すので離婚しないで」

などです。

気持ちは分かりますし、正しいことだと思います。ただ、いまの状況で、ご主人はなんと返事をするでしょうか?

「ありがとう。そんなに愛されているなら離婚は考え直すよ。」と言われるでしょうか。残念ながら、その可能性は高くありません。

「重い、もう遅い、そういうとこが嫌い」と言われてしまうことがほとんどです。なにより、その話はご主人にとって不快です。それが続くと、家に帰ってこなくなってしまうこともあります。

 

禁句は子供の幸せ、養育費

次に禁句なのが、「子供が可哀想だと思わないの?養育費はちゃんと払えるの?」という発言です。奥様の発言は、正論だと思います。子どものことが最も心配です。しかし、正論ほど言われてムカつくことはないのです。正論を言うほど、奥様が子どもを大切にする正義の味方で、ご主人は子どもを捨てる極悪人になります。それでご主人が考えを改めることも反省することもないでしょう。

 

まとめ

浮気したご主人から離婚したい、と言われた状況で、これをするべき!という答えは分かりません。しかし、上記にあげたように、あまりオススメできない行動があります。困ったときは、まずは行動する前に、お近くの専門家に相談することが大切です。

 

 

夫に浮気されたときに知っておくべきこと】に戻る