不倫の慰謝料は借金してでも一括で払うべき?

不倫してしまい、慰謝料を請求されたとき、慰謝料を払おうと思ってもお金がない、貯金がない、一括で払えない、という人も多いと思います。そんなときのために。

 

一括で払えないと言ったら…

・銀行や消費者金融で借金してでも一括で払え

・親に連絡させろ、親に払わせろ

・風俗で働いてでも払え

などと言われて、困ってしまうこともあります。

 

 

まずは、慰謝料の金額が妥当か

例えば、相手のご夫婦が離婚しないのに、300万円を請求された、などは、ちょっと高すぎるかもしれないので、お近くの弁護士さんに相談してみるのがオススメです。妥当な金額だと言われてから、払う方法を考えましょう。

 

 

親や友達に借金を申し込んでみる

最も現実的なのは、親や家族からお金を借りることだと思います。理由を正直に言うか、は悩ましいと思います。しかし、正直に話して、協力して貰うことをオススメします。怒られると思いますが、それも人生では大事なことです。

家族が無理であれば、友達から借りることだと思います。お金を貸してくれる友達がいない、と考えるかもしれませんが、少額なら借りることもできるかもしれません。慰謝料の全額を分割でお願いするか、半額を分割でお願いするかは、大きな差があります。

ちなみに、どうしても親に言えない、という気持ちも理解できます。未成年なら話は別ですが、成人していて、(法律的に)親には関係ないという考えは間違いではないと思います。道徳的に考えても、親を悲しませたくない、という気持ちも理解できます。ただ、不倫したくせに!と言われてしまうことも仕方ないでしょう。他の方法で最大限の努力をすることが大切です。

 

 

銀行に借金を申し込んでみる

銀行からお金を借りることに対して、とにかく怖い!という人が多いと思います。しかし、意外と銀行は丁寧に対応してくれますし、借りられない場合は、ダメでした、というだけでしかありません。実際に銀行で正直に理由を話し、借金して慰謝料を払う人もいます。収入や勤続年数にもよりますが、数十万円であれば、聞いてみる価値はあると思います。ただ、金利がかかることを考えると、親から借りた方が返済は楽だと思います。(親が無金利とは限りませんが)

ちなみに、銀行で借りられなかった、と説明すると、闇金でもどこからでも借りろ!と言われるかもしれません。しかし、それに従う必要はないでしょう。借金は、どうしたら借りられるか、ではなく、いくらなら返せるか、が重要だからです。返せない金利で借りても、結局は破産するだけです。不倫は悪いことですが、破産しなければならない道義はありません。

 

 

とにかく私物を売る

最近では、オークションサイトやフリマアプリなどで、簡単に私物を売ることができます。やったことがない、という人が多いと思いますが、意外と売れてお金になるそうです。ただ、慰謝料の全額を集めることは大変だと思います。

大事なことは、それだけの努力をした、している、ということです。なにも努力せずにお金がないから払えません、では相手も納得しません。努力を相手に伝えることで、分割払いなどの猶予が受けられやすくなるかもしれません。

 

 

働く

期間を猶予して貰い、働いて給料から払う、というのは王道だと思います。ただ、現実には難しいと思います。ダブルワークは本業にも影響がでることもあります。ただ、これも上記と一緒で、努力を見せる、という意味ではいいかもしれません。

ちなみに、風俗で働けと言われても、従う必要はないでしょう。不倫は悪いことですが、ちゃんと慰謝料を払うと言っているのに、そこまでする必要は法律的にも道徳的にもないでしょう。

 

+++

 

ここまでやって、分割払いを提案してみる

どうやっても、一括で払えないこともあります。

そうしたときは、「銀行で借金を申し込んだら20万円しか借りることができませんでした。友人に10万円だけ借りられました。私物(スマホなど)を売って10万円を用意しました。貯金が10万円ありました。合計で50万円を用意したので、これは一括で払います。残りの20万円は、どうか分割でお願いします。アルバイトをして、毎月5万円を払います。親に言うことはどうしても出来ないので、どうかご勘弁を…」などとお願いしてみるのはいかがでしょうか?

「お金ないから70万円全部を分割でー」よりは、よほどマシだと思います。

 

 

少しでも誠意を伝える

上記はかなり頑張ったケースだと思います。実際には難しいかもしれません。そうしたときは、分割払いをお願いするにしても、少しでも誠意を見せることをオススメします。

例えば

・自分で契約書(和解書)を作成し、連帯保証人をつける

・払わなかったときの違約金や損害遅延金を盛り込む

・ボーナス払いをする

などです。

 

 

大切なことは、しっかり謝罪すること

慰謝料を払うお金がないとき、お金のことばかり心配していませんか?

でも、浮気された側から考えると、慰謝料よりも、謝罪や反省の態度の方が重要かもしれません。お金がないから相手からの連絡を無視する、約束の期限を守らない、慰謝料が払えないから嘘をつく、などは本末転倒というか、逆効果でしかありません。

まずは誠心誠意、謝罪と事情を伝えることだと思います。

当事務所は、一括で払えず申し訳ない、という謝意も含めた謝罪文の作成サポートをしています。しっかりと反省と、分割でも最後まで慰謝料を払う気持ちを伝えることが大切です。

 

謝罪文作成サポート