不倫相手が慰謝料を払いたくなる内容証明とは?

不倫相手に慰謝料請求の内容証明を送りたい、という方のために。大切なことは、慰謝料請求の内容証明を送ること、ではなく、慰謝料を払ってもらうことです。そのためには、いかに、不倫相手が慰謝料を払いたくなる文章を書くかです。

よくある質問

内容証明でよくある質問に対して、当事務所の考えをご紹介します。(あくまで、当事務所の考えです)

内容証明ってなに?

基本的には、ただの手紙です。普通郵便と違う点は、「誰が」「誰に」「いつ」「どういう内容の郵便を」送ったのかを郵便局が証明してくれる点です。「何年何月何日に配達した(受け取った)」という証拠も残せます。クーリングオフや時効の際などに効果を発揮します。

内容証明で送るメリットはなに?

時効に関するケースを除いて、不倫の慰謝料請求に限って言えば、内容証明郵便で送ることのメリットは、特にありません。本気っぽいな、と伝わるくらいです。

不倫の慰謝料請求は内容証明じゃないとダメ?

そんなことはありません。自分で電話しても、会いに行っても、普通郵便でも、ダメ、ということではありません。また、弁護士事務所様でも、必ず内容証明郵便で書類を送ってくるとも限りません。特定記録郵便なども増えています。

内容証明っていくらかかるの?

電子内容証明で配達記録をつけた場合で、1500円から2000円程度です。枚数や速達か、などによります。

住所が分からなくても内容証明を送れる?

相手の住所が分からないと、内容証明は送れません。

自分の住所を教えたくない場合は?

内容証明は、差出人(請求する人)の住所を書かなければ送れません。教えたくない場合は、弁護士さんなどの専門家に依頼することがオススメです。

勤務先に送っていい?

基本的にはオススメできません。本人以外が開封する可能性や、同僚に知られてしまう可能性があり、その場合にご自身が不利になる可能性があるためです。

内容証明は自分でも出せる?

もちろん、誰でも出すことができます。いまはネットで検索すれば書き方なども書いてあるので、内容証明自体は誰でも作成できます。

内容証明が無視されたらどうなる?

返信する義務があるわけではないので、ペナルティはありません。

不倫の内容証明のサンプルは?

よくあるサンプルをご紹介します。

+++

通 知 書

貴殿は◯に妻があることを知りながら、平成○年○月から同○年○月まで、札幌市内のホテル(◯)に泊まるなど、◯と不貞関係を継続していました。以上の経緯は◯興信所の調査等により明らかになっています。

貴殿の不貞行為は、不法行為(民法709条)を構成し、したがって、貴殿は妻である私に対し、貴殿の不法行為によって私の被った精神的損害を賠償すべき責任があります。

なお、最高裁判所は、不貞行為に関する相手方の責任について以下のとおり判示しております。【判例等】

つきましては、貴殿に対し、慰謝料として金150万円を請求させていただきますので、本書到達後10日以内に下記口座にお振込みください。

本書到達後10日以内に慰謝料の支払い等がない場合、◯地方裁判所に対し提訴する所存ですのでご了承ください。

+++

内容証明に関する書籍などを平均化すると、このような文章が多いでしょうか。

これを読んで、慰謝料を払おうと思いますか?

ご自身がこれを受け取ったら、すぐに払おうと思うでしょうか。おそらく、そう思わないでしょう。

よく分からない

不法行為?民法?判例?提訴?など、なんとなく分かるけど、よく分からないですよね。難しく書いても、相手が理解できなければ意味がないのです。

払ってどうなるかが不明

要求通りに慰謝料を払ったとして、そのあとどうなるか読み取れますか?

本当に訴えてこないのか、もう慰謝料請求はされないのか、会社や家族にバラされないのか。ほとんどの人は、こんな手紙(内容証明)を受け取っても、本当に払っていいのか、払って大丈夫なのか、判断できません。とにかく不安で怖いので、弁護士さんに相談します。

慰謝料を払う側も、払ったらこれで終わりという保証がなければ、そう簡単に払えないのです。

金額が高すぎる

スマホで検索すれば、減額します!払っちゃダメ!というサイトがたくさん見つかります。ほぼすべての慰謝料請求された人が、こうしたサイトを読みます。そこには、慰謝料請求されたけど50万円に減額できました、という成功談が書かれています。請求する側のサイトと、請求された側のサイトでは、例示されている金額が違うのです。

相手にも事情がある

例えば、相手が慰謝料を満額払う意思はあるけれど、一部を分割払いにして欲しい、次のボーナスまで待ってくれたら払える、という場合はどう行動するでしょうか?10日以内に全額を払わないと訴えられるみたいだし…。分割をお願いします、と手紙を出すにしても、手紙をどう書いていいか分かりません。

ネットで検索すると、慰謝料を払う前に必ず和解書(示談書)を取り交わしましょうと書いてあります。実際にその通りです。しかし、不倫した立場で、和解書が先だ!と言うことは困難です。

他にも、慰謝料を払うことに異存はないが、絶対に会社や親には言わないで欲しい、先に言わない確約が欲しい、などもあります。

いきなり全額が振り込まれることは珍しい

内容証明を送って、いきなり全額が振り込まれるケースの方が少ないと思います。普通は、先に和解書を作りたい、いつまで待って欲しい、分割にして欲しい、いくらなら払える、などと連絡が来ます。しかし、それを手紙で送ることは大変です。普段、手紙を書く習慣がある人は少数派ですし、どうお願いしていいいか分かりません。

慰謝料請求された人も、どうしていいか分からないので、弁護士さんに相談するしかないのです。

結局、重要なことは中身

サンプルのような内容が、内容証明で届いた場合と、普通郵便で届いた場合と、受け取った側はなにか違う行動を取るでしょうか。おそらく、大差ありません。

結局、内容証明で送るか、などの手段よりも、どんな内容を相手に伝えるか、ということの方が重要なのです。

不倫された側も、不倫した側も、お互いに会いたくありません。不倫相手の顔など見たくありません。不倫した側も、会社や自宅に来られたり、電話が来ても怖いのです。冷静に話すことも困難です。このため、手紙という方法がベストではないか、というだけです。

自分で内容証明を送付することも、自分で会いに行って請求することも可能と書きました。しかし、問題は中身なのです。中身が一番重要で、難しい部分なのです。

相手が払いたくなる内容証明

行政書士札幌中央法務事務所では、不倫された方だけでなく、不倫してしまった方からもたくさんの相談を受けてきました。こうした経験から、どう伝え、どういう不安を除いてあげれば、素直に認めて謝罪し、慰謝料を払おうと思えるか、というノウハウも豊富です。

過剰に脅したり、難しいことを書いても、誰も払おうとは思いません。お互いに、無駄な時間や費用がかかることになります。期限や支払い方法、和解書のことなど、相手が納得して慰謝料を払いたくなる請求書を作成します。

相手が独身なのか既婚者なのか。ひとり暮らしか家族と暮らしているか。年齢や職業、性格や状況によっても、どんな内容が最適か、まったく異なります。連絡方法も重要で、いちいち手紙を書く面倒さ、往復の時間なども無駄です。

また、「会社を辞めて欲しい」「引っ越して欲しい」「プレゼントを返して欲しい」「謝罪して欲しい」という要求を伝えたい、「子供に影響を与えたことや自分の苦しみを伝えたい」など、希望される内容もさまざまです。

当事務所では、お客様のご要望や状況に応じた最適な請求書の案、送付方法をご提案しています。高額な慰謝料を請求したい場合は、もちろん、それに対応した内容になります。

相談は無料。着手金は5千円だけです。この着手金の中には、内容証明を発送するための費用(1500円から2000円)や和解書作成費用、修正費用や相談料も含まれているので、切手代などを請求することもありません。とりあえず、で構いませんので、お気軽にご相談くださいね。