夫や妻からダブル不倫を告白された

 

夫や妻から、既婚者と不倫してしまって、それが相手の配偶者にバレ、慰謝料請求されてしまった、と告白されたとき、どうするべきか、ご紹介します。

 

まずは離婚するか

離婚する場合、ご自身の夫や妻にも、不倫相手にも慰謝料請求できるでしょう。ここでは、離婚しない場合についてご紹介します。

 

残された時間は少ない?

ご自身の夫や妻が相手方から慰謝料請求されている場合、自分が離婚するか悩んでいる時間はあまりないかもしれません。

どちらの夫婦も離婚しない場合、お互いに慰謝料を請求しないことが多いでしょう。どちらかの夫婦が離婚する場合や、両方の夫婦が離婚する場合は、お互いに請求することが多いようです。ただ、お互いに請求しないことを希望しても、ご自身だけで決められることではありません。不倫相手の配偶者と、どうするか相談することになります。

それは相手も同じことで、こちらが連絡しないことで進展せず、イライラして事態が悪化することがあります。(例えば、そちらが離婚するならウチも離婚します、という場合も)

個人的には、離婚するにしても、離婚しないにしても、なるべく早く、慰謝料はそれぞれの夫婦間で解決するように提案することがベストだと思います。つまり、慰謝料は自分の夫か妻にだけ請求してね、相手の夫婦にはお互いに関わらないようにしましょう、ということです。

こうしておけば、それぞれが離婚するにしても、再構築するにしても、自分たち夫婦のことだけに集中できます。

 

不倫相手からの慰謝料は諦める

さて、夫や妻から不倫を告白されたら、その不倫相手がムカつきますよね。不倫相手から不倫について詳しく聞きたくなったり、責めたいと感じることでしょう。損をしてもいいから慰謝料を請求したい、とも思うかもしれません。

ただ、基本的にはオススメしません。そうすることで、相手の夫婦関係が悪化し、離婚すると、払う慰謝料が高額になる可能性があります。

不倫の慰謝料は、離婚する場合と、離婚しない場合で、かなり金額に差があります。もし、ご自身が離婚せず、あちらが離婚することになれば、家計としてはマイナスになります。

残念ながらダブル不倫されて離婚しない場合、(夫婦として)慰謝料がゼロになればマシな方です。4人とも不倫の事実を知っている場合で慰謝料が受け取れるのは、離婚するときだけ、と考えた方が良いかもしれません。

 

不倫相手と比べない

例えば、相手の夫婦が離婚することになった場合、自分たちも離婚したい、と思うかもしれません。自分も被害者なのに、金銭的に家計としてはマイナスしか残らない場合などです。

逆に、相手の配偶者に理解があって、うちは再構築するので、お互いに関わるのをやめましょう、と言われた場合も、それはそれでムカつきます。自分の家庭はまだ再構築できるのか不明で、離婚する可能性も残っている場合などです。

他にも、不倫相手はすごく反省しているのに、自分の夫や妻はぜんぜん反省していない、というときも悲しくなります。

あちらは共働きだから離婚できるが私は専業主婦だから、とか、あちらの方が収入が高いから慰謝料を払っても痛くない、とか、うちの方が子どもが小さい、とか、不満をあげればキリがないほどあります。(どれも実際に当事務所に相談があったケースです)

ざっくり書くと、経験上、ダブル不倫された側は、不倫相手と関わるほど、イライラしたり、悲しくなります。ただ、どうしても比べてしまいますよね。

難しいことですが、なるべく関わらないことをオススメします。逆に、相手の配偶者にも同様の配慮が必要です。

 

どうしたらいいの?

夫(妻)が既婚者と不倫してしまい、不倫相手のご主人(奥様)から慰謝料請求されていることを夫(妻)からカミングアウトされた場合、どうしたら良いか?という話に戻します。

離婚しない場合や離婚を迷っている場合は、なるべく早く、慰謝料はそれぞれの夫婦間で解決するようにお願いすることがベストだと思います。そして、この提案が了承された場合、それを書面で残すべきです。

 

ダブル不倫用の示談書、和解書

ダブル不倫を4人とも知っている場合、『4者間の和解書』を作成することがオススメです

この和解書は、

・お互いに慰謝料請求しない

・もし、離婚することになった場合でも、慰謝料請求しない(自身の配偶者のみに請求する)

・求償権も放棄する

など、慰謝料のことはもちろんですが、

・当事者の二人は二度と会わない、連絡しない

・職場不倫の場合の対応

・お互いの子供に関わらないこと

など、再発防止や家族への心配も考えることが重要です。その他、どちらかが探偵に依頼した場合の費用の負担、書類作成の費用なども書くことが出来ます。

この約束をすることで、安心して再構築がスタートできます。もちろん、離婚することになった場合、あなたの配偶者には慰謝料を請求できます。

当事務所では、この4者間の和解書を3万円(税別)で作成いたします。

ネット上の無料サンプルとは違い、浮気された側の不安を考慮した内容となっています。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

不倫相手の配偶者へ謝罪の手紙を書く

なるべく早く、夫(妻)の不倫相手の奥様(ご主人)に対して、連絡しなければなりません。このとき注意が必要なのは「○○の夫(妻)です。不倫について聞きました」とメールやLINEをしても、信じて貰えない可能性が高いことです。

自分の夫や妻に不倫を知られたくないので、自作自演というか、配偶者のフリをして連絡する人がいます。相手も、本当に配偶者に白状したの?と疑っています。面倒なことにしないためにも、工夫が必要です。

 

これまで紹介したように、相手を刺激せず、丁寧な内容で、慰謝料はそれぞれの夫婦間で解決し、かつ、それを書面に残すようにお願いしなければなりません。

当事務所では、こうした謝罪文の案を3万円(税別)で作成いたします。

※この謝罪文は浮気された側の立場でのみ作成できます。浮気した張本人が、妻(夫)から慰謝料請求させないから…という内容ではお受けできません。

※このページで紹介したすべての内容が盛り込まれています。

※紛争性のある場合など、お断りする場合もあります。予めご了承ください。

※相手の氏名や住所などの個人情報は一切、伺いません。

 

相談は無料です。お気軽にご相談くださいね。

離婚しないための不倫の慰謝料請求@札幌