不倫がバレた人が知っておくべき10のこと

既婚男性と交際してしまい、それが相手の奥さまにバレてしまった…という方のために情報をまとめました。

基本的には、嘘はつかず、誠意ある謝罪をすることが一番だと思います。すぐに弁護士さんに相談することも良いと思います。

 

概要

「浮気がバレた、正直に謝りたい」「本当に不倫していない」「会社や家族にはバレたくない」「呼び出されたけど会うのは怖い」「会社を辞めろと言われた」「独身だと嘘をつかれていた」「慰謝料はまだ請求されていないけど不安」「慰謝料が払えない、分割払いは?」「謝罪文を要求された」「示談書ってなに?」「内容証明が届いたけどどうすべき?」「奥さまの名前の不在票が入っていた」「なぜ、私だけ慰謝料を払うの?」

…など、不倫してしまった方の疑問やお悩みにお答えします。

 

浮気相手の奥さんへの謝罪文のサンプル、例文、書き方

まず最初に、最もアクセス数の多い「浮気相手の奥さんへの謝罪文のサンプル、例文」のページをご紹介します。多くの女性は、不倫してしまった場合、相手の奥さまへの謝罪を考えるようです。謝罪文のサンプルと、注意点についてご紹介しています。

次に「浮気相手の奥さまに対する謝罪文の書き方」のページです。当事務所の謝罪文作成サポートについてご紹介しています。

 

【目次】不倫した人が知っておくべき10のこと

そもそも、慰謝料を支払う義務はあるの?

不倫=肉体関係があったこと&相手が既婚者だと知っていたこと、ということはご存知だと思います。ただ、肉体関係が本当になかったとしても、慰謝料を支払う必要があるかもしれません。まずは、慰謝料を支払う義務があるかどうかを知りましょう。

詳しくは1,【不倫の慰謝料を払う義務があるか?

 

慰謝料の支払い義務がなくても、適切な対応を

前述の通り、意外と慰謝料を支払わなくてもいいケースもあります。ただ、法的に慰謝料を支払う義務がない=相手の奥さん(ご主人)が許してくれるわけではありません。軽率な行為は謝罪したり、支払い義務がないこと説明する必要があります。

詳しくは2,【慰謝料の支払い義務がなくても謝罪は必要

 

奥様から電話がきたら?

いきなり内容証明や裁判所からの封筒が届くケースは稀でしょう。まずは不貞相手から『バレた』と連絡が来るかもしれません。他に、奥さんから電話が来たり、呼び出されたり…。いま、どんな状況か整理しましょう。

詳しくは3,【不倫相手の奥さんから電話がきたら?

 

相手が何を望んでいるかが重要

奥さん(ご主人)が慰謝料を望んでいるとは限りません。謝罪や、二度と会わないことを望んでいるかもしれません。しかし、法的には、慰謝料を受け取ることでしか解決できない側面もあります。

詳しくは4,【慰謝料請求されるとは限らない

 

奥様から呼び出されたら?

奥様から連絡があった次は、奥様から呼び出されて、会って話がしたい、と言われるかもしれません。でも、会うのは怖いですよね…。

詳しくは5,【浮気がバレて、奥さんから呼び出されたら

 

無視したらどうなる?

『不倫を認めたら不利になる』という言葉を信じて、奥さま(ご主人)からの連絡を無視するという人もいるかもしれません。ただ、それはリスクが高いようです…。

詳しくは6,【無視したらどうなる?

 

お金以外を請求されたら?

『職場を辞めろと言われた』 『謝罪文を要求された』 『親を連れてこいと言われた』 『実家の住所を教えろと言われた』など、お金以外を請求されることは珍しくありません。そんなとき、どうしたらいいでしょう?

詳しくは7,【お金以外を請求されたら!?

 

それって脅迫?

『慰謝料300万円を払わないと、会社や家族にバラすぞ!』というのは、脅迫かもしれません。問題は、脅迫されたときに、『じゃあ、どうしたらいいの?』ということです。警察へ行っても、あまり期待は出来ません。

詳しくは8,【浮気相手の配偶者から脅迫されている

 

慰謝料請求されたけどお金がない、弁護士費用も払えない

貯金がなくて慰謝料が払えない、弁護士さんに依頼するお金もない、という方のために。

詳しくは9,【慰謝料請求されたけどお金がない、弁護士費用も払えない

 

慰謝料を支払うなら、和解書の作成が必須

慰謝料を支払ったのに、また請求されたり、別の名目で請求されたり、報復されたり…。そんな事態は避けたいですよね。そのためには、しっかりと示談書や和解書などの契約書を残すことが大切です。

詳しくは10,【慰謝料を支払うなら、和解書の作成が必須!

 

ご注意ください

このサイト(ページ)に記載した情報に基づく判断を原因として発生した、いかなるトラブル・損失・損害に対しても、一切の責任を負いません。すべての法律相談は、弁護士さんをはじめ、適切な専門家・専門機関へご相談ください。(当事務所は、行政書士事務所として、法律で定められた範囲内での業務しか行えません)

また、当サイトでの「相談」や「お問合せ」とは、書類作成を前提としたもの、お悩み相談のような法律に関わらないもの、に限定しています。訴訟や裁判所、交渉等に関わる内容に関してはお答えできませんので、予めご了承ください。当事務所では、慰謝料の減額に関する相談等は応じておりません。簡単に言うと、不倫してしまったときは、お近くの弁護士さんに相談されるのが一番です。