浮気よりも嘘が許せない

 

夫に浮気されて苦しんでいる方の話をたくさん聞いてきました。少しでも、浮気された悲しみを遠ざけるためのアドバイスです。

 

 

浮気されたことより、嘘をつかれたが許せない

浮気が原因で離婚を考えている方によく言われることのひとつに、『浮気されたことよりも、仕事と嘘をつかれていたことが許せない。仕事だと思っていたから応援してきたし、子供たちも我慢してきた。子供の運動会や学芸会に夫が来なくても責めなかった。なのに、不倫してただけだなんて…。もう一生、夫を信用できないし、許せない。』というものがあります。

 

 

仕事だ、と嘘をつく

浮気をするとき、男性も女性もほぼ必ず嘘をつきます。その多くは、残業だ、休日出勤だ、出張だ、など、仕事関係です。その他に、『男友達と飲みに行く』『ひとりでパチンコしていた』などもあります。

また、浮気発覚時にも嘘をつきます。『肉体関係はなかった』『女性の家には泊まったのは1回だけ』などです。

 

 

明日は浮気します、という人はいない

まずは、浮気するときの嘘について考えましょう。

上記のように、仕事と嘘をついて浮気している人がほとんどです。奥様や子供は、お父さんは仕事を頑張っている(と思っている)ので応援しているし、遊びたくても我慢してきたかもしれません。しかし、それが浮気だと知ると、余計に許せません。自分はまだしも、子供を裏切ったことに対して、とてもムカつきます。

ただ、当たり前ですが、『明日、浮気してきまーす』という人はいません。必ず、浮気するときは嘘をつきます。

それは子供を苦しめようとか、子供のイベントより浮気が大事、ということではありません。単純に、アホだからなにも考えていないだけです。

もちろん、浮気も嘘も、どちらもダメですし、許せません。ただ、浮気と嘘を分けて考えることは、あまり賢明ではありません。浮気と嘘は、必ずセットなのですから。

 

 

正直に認める人は誠実か?

次に、浮気を問い詰めたときの嘘について考えてみましょう。

浮気を問い詰めたときも、ほとんどの男性が嘘をつきます。

『なにもない』『会っただけ』『LINEの内容はただの冗談』『ホテルに行ったけど寝ちゃってなにもしていない』などです。これ以外にも、たくさんあります。

実は、ごく一部ですが、嘘をつかず、すぐに全てを認める男性もいます。聞いてもいないのに、いつから浮気していて、どのくらい会って、彼女のどこが好きで、なにが楽しくて、他にも浮気相手がいて、過去にも浮気していた…などをペラペラ話す人も実際にいます。

この人は、正直に話しているで、誠実といえるでしょうか?

おそらく、そう感じる方は少ないと思います。浮気は、知りたくないこと、知らない方が良いことがたくさんあります。それは奥様も分かっています。しかし、どうしても聞いてしまうのです。頭で理解していることと、行動は一致しません。

結局、聞かなくていいことを聞いて、正直に答えられても、嘘をつかれても、どちらも傷ついてしまうのです。

 

 

離婚されたくないから嘘をつく

ほとんどの浮気は、遊びです。離婚したいと考えている方が少数派です。

つまり、浮気するときも、浮気がバレたときも、嘘をつくのは離婚したくないからです。離婚してもいい、という人は、そもそも嘘をつかないこともあります。(慰謝料を払いたくないから嘘をつく人もいますが)

浮気に関しては、正直であることが重要だとは思えません。重要なことは、しっかり反省していること、もう浮気しないこと、将来を考えることです。

 

 

誰もが正直ではない

例えば、ご主人がものすごく正直で、『今日のご飯は美味しくない』とか『その服は似合っていない』とか『疲れているから子供と話したくない』などと言う人だと、きっと嫌な気持ちになると思います。

普通の家庭であれば、ちょっとくらい好みでなくても美味しいと言いますし、疲れていても子供が悲しむことは言いません。

浮気の際の嘘も、これと少しだけ似ているのかもしれません。わざわざ奥様が悲しむことを言わないための嘘なのです。

もちろん、浮気も、嘘も、子供を傷つけたことも許せません。許す必要もありません。

ただ、嘘をつかれたことは、あくまで浮気の延長、セットであって、嘘が問題の本質でもないと思います。

 

『嘘をつかれたことが一生、許せない』という方は、考え方を少し変えて、『浮気さえしなければ嘘はつかない』と考えてみてはいかがでしょうか?

 

また浮気さえしなければ、円満な家庭に戻れるかもしれません。