不倫相手に警告文を出したい

以下のようなご相談もたくさんあります。

・ご主人(奥さん)がこそこそメールやLINEしているけど、肉体関係があるかは分からない

・「もう連絡しない」と約束したのに、別の方法で連絡をしていた

・ご主人が返信しなくても、一方的に連絡(メールなど)が来る

・浮気と呼べるほどの証拠がないので慰謝料請求はしないが、主人と一切、関わらないで欲しい

・ご主人が異性と連絡をやめるつもりがない

・ご主人が不倫相手から脅されている …etc

こんなとき、警告文を送ることで、自体が好転するかもしれません。

また、相手に、これまでの経緯を謝罪して欲しい、というご相談もあります。

警告文とは?

警告文とは、「主人ともう会わないで欲しい、連絡しないで欲しい」や「あなたの行為に迷惑しているので、やめてください」などを伝えるものです。

また、相手女性がご主人に対し、「別れるなら全部会社にバラす」などと脅している場合、それは犯罪ですので、それをやめるように警告することもできます。

警告文のメリット

まず、ご主人が独身と偽って、女性と交際している可能性があります。相手女性が、ご主人が既婚者だと知らなかった場合、慰謝料を請求できない可能性があります。しかし、内容証明郵便などで「私は○○の妻です」と伝えることで、あとになって既婚者だと知らなかったという主張はかなり難しくなります。

同様に、ご主人が『夫婦関係がもう破綻している…』と嘘を言っている可能性や、あとになって、『夫婦関係がもう破綻していると聞いていた』と主張してくる可能性がありますが、それを否定する証拠のひとつとなります。

最大のメリットは、こちらが本気だと知らせることです。

直接、相手の女性に電話やメールで警告し、一度は了承しても、時間が経過すると、やっぱり連絡が来た、連絡を取っていた、という相談が珍しくありません。『1回目の浮気で、こちらが甘い顔をみせたばっかりに…』と後悔される方もいます。しっかり警告することで、関係を断ち切ること、もしものときの証拠となります。経験上、関係が長くなるほど、同じ相手と関係が切れなくなるようです。

具体的に、どんなことを書ける?

確実な証拠がなくても、ご主人が肉体関係を認めている場合などは、それが不貞行為であること、今後、肉体関係を持ったときには慰謝料を請求することなどが書けます。

逆に、肉体関係があるとまでは言えない場合(頻繁にLINEしていた、こっそり会っていた)だけのときは、慰謝料は請求せず、単にご主人が既婚者であり、妻として迷惑なので連絡をしないようにお願いするくらいに留めた方がいいでしょう。

警告文を送る際の注意

脅迫や侮辱にならないように注意

不貞行為がなかった可能性があるのに、不貞行為を断定し、慰謝料を請求するような文言は避けましょう。また、ご主人の言い分だけを鵜呑みにし、一方的な文言も避けましょう。場合によっては、侮辱や脅迫の罪にあたる可能性があります。

誰の権利か注意する

例えば、単に「主人に連絡するな」と送っても、「ご主人は嫌がっていない」「お前には関係ない」と言われてしまうかもしれません。そこは「ご主人本人が迷惑している」とし、送り主を連名にするなども有効です。妻としての権利、”警告”と”お願い”の違いをしっかり理解することが大切です。

警告文作成の費用

当事務所では、警告文の作成も2万円(税別)で行っております。この費用の中には、内容証明郵便の実費なども含まれています。相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

※当事務所では、面談をせずに内容証明を送る依頼はお断りしております。十分なヒアリングが難しいためです。遠方の方は、お近くの専門家へご相談されることをオススメします。

謝罪文を要求したい

浮気や浮気未遂の経緯について、相手の方に謝罪文を書いて欲しい、書かせたい、というご相談もあります。

基本的に、相手の方が謝罪する義務はありません。ただ、お願いすることに問題もありません。相手の謝罪して欲しい、などのご相談も、お気軽どうぞ。