浮気発覚後も水面下で続いていた場合と対処

前のページでは「2回目、3回目の浮気は絶対に許せない」ということを書きました。ただ実際には、浮気発覚後に水面下で再び浮気している場合、なかなか証拠を見つけることはできません。そうしたあたりをご紹介します。

 

水面下の浮気とは?

このページでは、ご主人の浮気が発覚後、もしくは注意したあとに、再び同じ相手と浮気や浮気未遂をしていることです。例えば、ご主人のLINEや携帯電話をみて、女性との怪しいやり取りがあったため注意などをし、ご主人も浮気を否定し、二度と女性と連絡しないことを約束したにも関わらず、女性と連絡していたり、会っている形跡を見つけた場合などです。

ポイントは2つあります。

1つは、1回目の浮気のときに、慰謝料請求をしたかどうかです。水面下で続いてた多くの場合、肉体関係の証拠がない、旦那が肉体関係を認めない、などの理由から、慰謝料請求をしていないケースが多いように感じます。

もう1つは、ご主人の態度です。反省していて、絶対に離婚したくない!という態度なのか、うぜーな的な態度なのかです。ご主人の態度次第で、今後の対応も変わってきます。

 

行動しないと、同じことが起きる

2回目、3回目の浮気がいかに許せないかは前のページに書きました。ちゃんと制裁した方が良い、というのも同じです。ただ実際に難しいことは、慰謝料請求するほどの証拠がある、もしくは、ご主人が肉体関係を認めた、というケースの方が少ないことです。残念ながら、気持ち悪いLINEをしていただけで、弁護士さんに依頼することは難しいでしょう。弁護士さんに依頼して慰謝料請求などの行動をしたいけれど出来ない、という方も多いと思います。

 

ご主人の態度次第では泣き寝入り

もしこのサイトが探偵のサイトであれば、だから証拠が必要!とにかく証拠!と書いてあるでしょう。ただ、残念ながら、ご主人が反省していない場合、どれだけ証拠があっても無駄かもしれません。奥様が離婚したい場合は別です。しかし、奥様が離婚を望んでいない場合、反省していないご主人に不倫の証拠を突きつけても、ご主人の方から離婚したいと言われる可能性が高いためです。ほとんどの場合、この状態で離婚して困るのは女性です。

肉体関係の証拠があればすべて解決する、とは限りません。

 

本気でも遊びでも、大変

ご主人が浮気相手に本気か、遊びか、の2択があるとします。

ほとんどの浮気は遊びです。そして、まともな人であればすぐに浮気をやめます。つまり、浮気が発覚しても水面下で続けている場合、ご主人は浮気相手に本気か、ご主人がまともでないか、のどちらかかな?と思ってしまいます。

経験上、ご主人が奥様を見下している、離婚しても構わない、浮気が悪いことだと理解していない、など、残念なことが多いと感じます。

 

残念なご主人に浮気をやめてもらう方法

残念ながら、そのご主人を理想のご主人にする方法はありません。詳しくは「夫が不倫をやめてくれない」をご参照ください。ただ、浮気をやめさせるための行動はゼロでもないと思います。

・探偵に依頼して証拠を確保し、不倫相手を訴える

・良い妻になり温かい家庭でご主人の帰りを待つ

が悪いとは言いませんが、どちらも大変そう…と個人的には思います。もし自分だったら、不倫相手の女性に接触すると思います。

 

楽しくない不倫なら自然に終わる…かも

長くなったので簡単に書きます

・ご主人に浮気をやめて!と言っても逆ギレするので危険

・ご主人は不倫相手に「家に居場所がない」「妻も浮気している」と嘘をついている可能がある。(不倫相手に妻が大好き!と言う人はいない)

・それが嘘である。私や子どもには夫が必要、愛している、浮気されてとても悲しい、と不倫相手に伝えてみる。

・それでもダメなら、主人を監視している、探偵をつけるつもりがある、関係を続けるなら弁護士に依頼する、など、相手が嬉しくないことを伝える(合法的に)

・肉体関係がなくても、悪質な場合は慰謝料請求が認められた裁判例もある

・ある程度、普通の人?であれば嬉しくはない。わざわざ、そんな面倒な男と不倫を続けないかもしれない。

 

よほど特殊な女性でない限り、自分が悪者になってまで不倫を続ける女性は多くありません。彼は家庭に居場所がなくて可哀想!など、不倫が悪いとは知っていても、仕方ない…くらいの人もいるのです。意外とそうしたケースでは、伝えれば分かってくれることもあります。実際にそれで不倫が終わったこともあります。

少なくとも、奥様に泣かれて嬉しいと感じる不倫女性は珍しいでしょう。

 

注意点

・奥様が不倫女性に接触した時点で、ご主人が激怒する可能性は高いでしょう。そうした男性はプライドが高いので。

・不倫女性の連絡先や住所など分からず、そもそも接触できないことも多いです。ただ手紙を渡す方法はいろいろあります。費用や労力を気にしなければ方法はあります。

・やはり必ずしも不倫女性がまともとは限りません。「私はなにもしていない。あんたの旦那が勝手に私を好きなだけ」と言われたこともあります。

 

警告文と誓約書を作成できます

ご自身で不倫相手に連絡することは、とても難しいことです。どうしても許せない気持ちが強く、攻撃的になってしまう可能性があります。少なくとも冷静に伝えることは難しいです。

そこで、不倫相手に対し、警告文、二度と夫に関わらないようにお願いする手紙の作成をおすすめします。詳しくは「不倫相手に警告文を出したい」をご覧くださいね。また、二度と夫に連絡しない、連絡したら違約金を払う、などの誓約書を書かせることも大切です。

相談は無料ですので、お気軽にご相談くださいね。

 

最後に…

ご自身で不倫相手に電話したり、会いに行く方もいます。ただ残念ながら、それで良い方向に向かうとは限りません。どうしても怒ったり、泣いたり、相手を罵倒したり、普段の優しい態度とは違う面を見せてしまいます。

その結果、「あぁやっぱりヒステリーな嫁なんだ。彼の言っていることは本当で、彼は可哀想なんだ」と思われるかもしれません。奥様やお子様が可哀想、とは思われないでしょう。

不倫相手への手紙で重要なことは「飴とムチ」です。いかに不倫が悪いことであるか、私や家族を傷つけていて可哀想か、と同時に、不倫を続けるとどんな制裁があるか、を優しく伝える必要があります。敵対するだけでは難しいのです。