浮気を認めた夫が逆ギレした

『夫の行動が怪しくて、浮気していると思うんですけど、問い詰めても逆ギレされそうで…。』

『夫のスマホを見たら浮気していて、問い詰めたんですけど、それでも浮気を認めず、「そんなに俺が信用できないなら離婚だ!」と言われてしまって…』

という相談がよくあります。

浮気は許せないけど、今すぐ離婚は考えていない、という女性は多いと思います。ここでは、浮気を問い詰めたら、どうなるか?をご紹介します。

浮気を問い詰めたとき、大きく3パターンに分かれる

経験上、夫に浮気を問い詰めたとき、大きく3パターンに分類できます。

1、とにかく謝罪&ちょっと嘘をつく

2、全面降伏や無気力

3、逆ギレや無視

それぞれ、簡単にご紹介します。タイプ別に注意がありますので、問い詰める前の参考になれば幸いです。

常識的な夫は、ちょっと嘘をつく

『LINEしてただけ』『食事に行っただけ』『冗談でホテルに誘っただけ』『1回だけしかエッチしてない』など、バレている範囲だけ認めて、謝罪する男性が一番多いと思います。

このタイプの場合、『この女性だれ? ⇒ ただの同僚』『どこに行ったの? ⇒ 居酒屋で相談に乗っただけ』『ホテル行ったんでしょ? ⇒ 行ってない』など、情報を小出しにすると、ちょっとずつ嘘をつきます。

そして、『もうLINEしない』『もう会わない』『ごめんなさい』と、一応、反省はしますが、真実がどうだったのかは分かりにくいでしょう。よほど肉体関係があった証拠があれば別ですが、そんな証拠はめったに残していません。

このタイプを問い詰めるときに注意したいのが、浮気そのものではなく、『嘘をつかれること』によって、信頼関係がなくなることです。

奥さんが本当は不貞行為について詳しく知っているのに、情報を小出しにすると、『それ嘘だよね?』と何十回も言うことになり、『もうなにも信じられない!』となります。

ご主人と離婚するつもりがないのであれば、知っていることをすべて正直に聞いて、ご主人と話し合い、ご主人の言葉を信じるべきかもしれません。

すべて正直に話せば許されると思っているのか

『夫に浮気を問い詰めたら、正直に、結婚前から付き合っていることを教えられて…。しかも、他にも3人も浮気していたらしくて…』という相談も珍しくありません。

嘘をつくのは、大変だし、面倒なものです。

このため、正直にぺらぺら浮気について、あっさり白状するひともいます。中には、『聞いてもいないのに、新婚旅行中に浮気したことまで話し出した』『浮気相手とディズニーランドに行ったことを白状したが、思い出の場所だったので、聞きたくなかった』など、真実を知ることで、奥さまが余計に深刻なダメージを負うケースも多いようです。

こういう男性は、『正直に話せば許して貰えると思っている』のか『離婚されてもいい』のか『なにも考えていない』なのか、わかりません。ただ、『聞きたくなかった』という悩みのある女性が本当にたくさんいます。

こうしたタイプのご主人の場合、問い詰める前に、『しっかり覚悟しておくこと』『本当に真実が知りたいのか?』など、よく考えてからにした方がいいでしょう。知らない方が幸せな事実は、たくさんあります。嘘をついて欲しかったこともあります。

逆ギレ夫が言うセリフ

『勝手に携帯を見るなんてプライバシー侵害だ!訴えてやる!』

『そんなに俺の言うことが信じられないなら出て行け!』

『お前が離婚したいって言い出したんだから、養育費や慰謝料は1円も払わないからな!』

『なにもなかった(不倫は終わった)から、もういいだろ!』

『その女性はただの同僚だ!連絡なんかしたら、離婚だ!』

『じゃあ、もうLINEしねーよ!お前の誤解だけどな!』

そして最悪なのが、『お前(奥さん)が○○だから浮気するんだよ!』です。○○には、愛情がなくなったとか、家庭の居心地が悪いとか、いろんなワードが入ります。

逆ギレするタイプは、時間とプライドが大切

逆ギレするタイプは、『とにかく奥さんに指図されるのが嫌』『奥さんに負けたくない(?)』という自分が一番大好きな人間、だけではありません。『とにかく意味はないけれど、怒鳴ってしまう』人もいるのです。ちょっとずつ嘘をつくタイプの男性は、ある意味、賢くて、その状況でもぺらぺら嘘をつける男性です。

ただ、ほとんどの場合、いきなり奥さんに『浮気してるでしょ?』と言われるので、そうペラペラ嘘をつける人ばかりではありません。不器用なひとは、『認めたら離婚される』『認めても怒られる』⇒どうしよう!とパニックになり、『なんで勝手に俺の携帯を見たんだ!』と、意味の分からないことでキレだすのです。

ここでポイントは、『逆ギレする人 = 離婚したい人 ではない』ということです。

男性はパニックになると、思ってもいないことを言い出します。その場から逃げ出したい衝動から、『出て行け!』とか『じゃあ、離婚だ!』と言ってしまうのです。無視する、逃げる、という人もいます。

そして、あと(離婚届を書くときとか)になって、やっぱり離婚したくないとか、奥さんが泣き寝入りして、なぁなぁになってしまうのです。

こうしたタイプの夫に問い詰める場合、前ページに書いたように、手紙がオススメです。ただ、誠意のない夫の場合、嘘を考える時間を与えるだけなので、逆効果かもしれません。また、手紙を書いたけど、読まないという人もいます。詳しくは、ご主人の性格や不倫の状況に応じて、専門家へ相談した方がいいかもしれません。

浮気を放置するのは危険

ちょっと脱線しますが、『浮気を問い詰めずに、放置する』という選択肢もあります。これは、『夫に浮気をやめされるためには、居心地のいい家庭にすること!』というような怪しい情報商材などに書かれているようです。(実際に購入したお客さまもいます)

この選択がいいかは別として、夫の浮気を放置すると、『不倫相手に子供ができた』『知らない間に多額の借金をしていた』など、本当に後戻りできないことになる可能性があります。そして、これは珍しい話ではありません。夫に問い詰めてケンカするのは疲れますが、放置するのもオススメできません。

離婚は浮気ではなく、その後の対応で決まる

他でも書いているので簡単に。浮気だけが原因で離婚する夫婦は、本当に少ないのです。

しかし、浮気を問い詰めたときに逆切れされたり、殴られたり、暴言を吐かれると、信頼が失われて、その人との将来が見えなくなるのです。浮気のほとんどは、遊びです。本気ではありません。

しかし、感情的な言い争いで信頼関係を損なうと、もうあとには戻れないかもしれません。浮気は絶対に許せることではありませんが、より大切なことは、ご自身が幸せになることです。後悔する前に、しっかり考えて対応することが大切です。

夫に浮気されたときに知っておくべきこと】に戻る