よくある質問

不倫に関して、よくある質問をまとめてみました。

 

浮気の証拠について

確実な証拠って?

裁判でも有効な確実な証拠、というものは難しいようです。ただ、一般的には配偶者が肉体関係を認めていれば、ほとんどのケースで問題なく慰謝料請求できます。また、配偶者が肉体関係を認めていなくても、相手が認めることもあります。とりあえず証拠を集めたり、心配する必要はありませんので、まずはご連絡くださいね。ほとんどの方がLINEの履歴や本人の自白くらいの証拠しかありません。

※訴えたい場合などは探偵や弁護士さんをご紹介することになると思います

 

証拠は探偵に依頼しないとダメ?

そんなことはありません。当事務所に相談される方のほとんどが、探偵や興信所には依頼しません。離婚しない場合の慰謝料は数十万円なので、調査費用の方が高くなってしまいます。

 

勝手に携帯電話を見ると、犯罪になる?

あるサイトの弁護士さんの見解によれば、ご主人や奥さんの携帯電話を勝手に見ても、現実的に問題になる可能性はないそうです。ただ、厳密には、プライバシーの侵害やパスワードを推測してロックを解除することはよろしくないようです。

 

尾行すると犯罪?

尾行は犯罪?探偵しか出来ないの?という質問もありますが、ご主人や奥様を尾行しても犯罪ではありません。

 

証拠がないと、慰謝料請求できない?

そんなことはありません。意外とどちらかが認めてくれることがほとんどです。ただ、まったく根拠がない場合は請求できません。

 

浮気相手の情報について

相手の住所を知る方法は?

浮気相手の住所が分からない、ということが多々あります。ただ、住所が分からなくても慰謝料請求する方法は色々あります。

 

勤務先に聞いたら、住所を教えてくれる?

浮気相手の会社なら分かる、ということがよくあります。ただ、会社に直接、住所を聞いても個人情報保護の観点からも難しいです。基本的には、本人に聞くか、自分で調べることになります。また、会社宛に内容証明郵便を送ることはおすすめしません。

 

車のナンバーから、住所は分かる?

基本的に、運輸局(陸運局)や警察に問い合わせても教えてくれません。ただ、一部の探偵や興信所に依頼すれば、分かる可能性もあるそうです。

 

携帯電話番号から住所は分かる?

基本的に、通信会社に問い合わせても教えてくれません。ただ、弁護士さんに依頼して請求する場合、弁護士照会という制度で分かることが多いそうです。

 

不倫相手の住所や名前が分からなくても、慰謝料請求できる

夫や妻が浮気していたことがメールやLINEから発覚したが、不倫相手の住所などが分からない、配偶者も知らないというご相談がほとんどです。でも大丈夫です。意外と住所は必要ありません。

・LINEやメールで請求書の画像を送る

・電話番号のショートメールで送付先を聞く(郵便局留めが多い)

・配偶者本人や誰かに渡して貰う

など、さまざまな方法があります。ただ、注意やポイントがあり、単純にご自身でされても難しいと思います。専門家に相談されることをオススメします。

 

慰謝料請求に関すること

慰謝料の相場は?

一般的に離婚しない場合、慰謝料は40~100万円くらいが相場だと言われています。不貞の期間、回数、年齢や関係にも影響します。探偵費用や訴訟費用が高額になれば、マイナスになってしまうかもしれません。

 

示談書は絶対に必要?

慰謝料を請求しても、しなくても、『浮気相手と主人が○○していた』『もう二度と会いません。会ったら違約金を支払います』という内容の示談書(和解書)を作成することが重要です。もし、また同じことを繰り返して、離婚になったとき、重要な証拠となるでしょう。

 

ご主人が独身だと嘘をついていた場合は?

仮に不倫の決定的な証拠があっても、『彼から独身だと騙されていた』と主張されると、慰謝料が請求できない場合があります。実はこれ、珍しいことではありません。もちろん、職場が同じなど、知っていて当然の場合はあまり心配ないですが、最近ではインターネットで知り合うなど、本当に既婚者だと知らなかった場合もあります。むしろ、ご主人が慰謝料請求される可能性もあります。

 

浮気相手も既婚者の場合は?

不倫相手も既婚者の場合、逆に、慰謝料請求されるかもしれません。場合によっては、受け取る額より支払う額の方が高くなるかもしれません。詳しくは、「ダブル不倫の注意点」をご確認ください。

 

慰謝料は必ず受け取れる?

「相手も既婚者だった場合」「夫や妻が独身だと偽っていた場合」の他に、相手が1円もない場合なども、慰謝料を受け取れない可能性があります。専門家への依頼で、高額な着手金を支払う前に、リスクについて知っておくべきです。

 

自分でも慰謝料請求できる?

ご自身で慰謝料請求も可能ですが、自分で不倫相手と話し合いをするとき、冷静でいるのは難しいようです。あまり過剰な言葉を使うと、請求している側が脅迫した、ということになり、不利になるかもしません。実際に浮気された側が相手を脅し、逮捕されたケースもあります。専門家へ依頼した方が安心です。

 

求償請求って何?

求償権、という言葉を知っていますか??ざっくりと説明すると、もし、相手の女性から100万円を受け取ったとしても、後から、その女性がご主人に対し、ご主人も悪いのだから、100万円のうち、70万円を支払って!という権利のことです。詳細は長くなるので、面談でご説明しますね。ひとつ言えることは、求償権すら知らない状態で、自分で請求することは、とても危険です。

 

本当に着手金は5千円だけ?

はい、着手金は5千円と消費税だけです。この中に内容証明作成の実費(1500円程度)も含まれています。詳しくは(料金の詳しい説明)をご確認ください。

 

慰謝料請求以外の方法

お金しか請求できない?

どんなにラブラブなメールがあっても、不貞行為とは基本的に肉体関係のことをいいます。ただ、それでも十分、許せませんよね。慰謝料を請求できなくても、『二度と夫に連絡するな』という警告文の作成も可能です。慰謝料を請求することだけが、解決方法ではありません。詳しくは、「警告文を出したい」をご覧ください。

 

浮気相手の会社に乗り込んでいい?

これは脅迫や名誉毀損、プライバシー侵害になるおそれがあります。

 

不倫相手をクビにできる?

仮に職場の同僚と不倫しても、その人の処分をどうするかは会社が決めることですので、不倫相手を解雇するように強制することはできません。過剰な請求をすると不利になる可能性もありますので、注意が必要です。ただ、慰謝料か退職を求めたとき、辞めることを選択するひともいます。

 

会社に浮気させないようお願いは出来る?

例えば、『主人と相手女性が同じ職場で、仕事帰りに密会している。密会をやめてとお願いしても、「仕事の話だ」などを言われ、やめてくれない。会社に内容証明を送れるか?』というようなご相談があります。基本的に「業務中に肉体関係を持った」などでない限り、会社に責任はないようです。また、お昼休みの会話を禁止してもらう、なども難しいでしょう。

 

親に慰謝料請求はできる?

『不倫相手の親はお金持ちらしいので、親に請求してもいいですか?』というご相談もあります。基本的に本人以外は無関係なので、相手が未成年者などでない限り、親などに慰謝料を請求することは出来ません。ただ、任意で親が援助することはありえます。

 

浮気や不倫につかったお金は相手に請求できる?

『夫が不倫相手と旅行に行っていた。費用の半分を相手の女性に請求したい』という質問がありますが、残念ながら、これらを返還して貰うのは困難でしょう。ただ、相手が任意で支払ってくれる分には問題ありません。

 

浮気・不倫に関すること

風俗って浮気になるの?

日本有数の繁華街すすきののある札幌市。風俗もたくさんあります。「夫が風俗に通っていた離婚したい」という相談が稀にあります。まず、肉体関係を伴う風俗(ソープ)の場合、不貞行為となり、離婚理由になるようです。ちなみに、本番行為のない風俗(ヘルス)でも同様です。キャバクラなどは含まれません。しかし、風俗嬢へ慰謝料請求は出来ません。ただし、お店の外で不貞行為に及んだ場合には、慰謝料が請求できる可能性があります。

 

婚約中でも慰謝料請求できる?

入籍する前に浮気された、相手は婚約中であることを知っていた、という相談もよくあります。慰謝料の金額は低くなりますが、意外と相手が認めて支払ってくれることがあります。

 

制裁しないと、また同じことを繰り返す?

ご主人や奥様の浮気が見つかって問い詰めたとき、『もうこの人に連絡しない!』と言っても、実は関係が続いていた、という相談は珍しくありません。どうしても、痛い目にあわないと理解しないひとがいます。しっかり、けじめが必要です。

 

慰謝料は請求した方がいい?

慰謝料請求が面倒、という気持ちもあるかもしれません。詳しくは、「慰謝料は請求した方がいい?」をご覧ください。

 

離婚しないための不倫の慰謝料請求@札幌