夫から妻と浮気相手が選べない、どっちも好きと言われた

 

夫から、浮気相手と妻の両方が好き、どちらか選べない、と言われることがあります。

 

 

優柔不断な夫が言うセリフ

・君(奥様)も好きだけど、不倫相手も好き。どちらか選べない。どちらも失いたくない。

・浮気したのは僕が悪いけど、彼女も可哀想で別れられない。

・ボクには彼女と交際した責任があるから(無責任じゃない俺カッコイイ)

・悪いのはすべてボク。可哀想だから、彼女には慰謝料請求しないで。僕が払う。

など、今回は、優柔不断なタイプをご紹介します。

 

 

夫は悲劇のヒロインタイプ

こうした男性の多いのが、ボクは君に悪いことをした、けど、ボクも可哀想!という考え方です。なぜか、自分も困っているんだ、という意味不明の言動や行動をします。

一応は、不倫を認め、謝罪してきます。不倫相手と別れようと思っている、このままじゃダメだと分かっている、など、まともなことも言います。

しかし、そのあとに、けどというワードが必ず入ります。

・彼女に別れたいと言った。けど、彼女が別れたくないと言っている。

・必ず浮気相手と別れる。けど、いまは無理。

・浮気はダメだと思った。けど、彼女が弱っていて可哀想だった。

 

こういう人は、自分が悪いと言いながら、本心では、「でも、仕方がなかった」という、悲劇のヒロインタイプです。本当の意味で反省していません。

多くは、奥様にも、不倫相手にも謝っていて、『二人の女性から同時に愛されてしまい、ボクはなんて罪な男だ!(涙)』みたいなアホです。

なにより、不倫する(本人の中だけの)正当な理由があれば、また不倫する、というタイプです。そして、自分のことしか考えておらず、浮気された側の気持ちをまったく考えることができません。

ちなみに、女性にこうしたタイプはあまりいません。女性は泣いて謝るか、怒って戦うか、ハッキリしています。

 

 

夫を信用し過ぎない

こうした夫は、あまり罪悪感がないので、比較的、正直に話します。

ただし、思い込みが激しいので、自分の都合の良い解釈をしていることが多くあります。

例えば、浮気が発覚したとき、奥様が夫に『出て行け!』と言ったら、浮気が容認されたと解釈したり、浮気相手に『ボクにはもう、君しかいない』と言ったりします。

同様に、浮気相手が別れたくない、という発言も、どこまで本当かは分かりません。勝手に、彼女にはボクが必要だ、を思い込んでいることもあります。

 

 

浮気相手も、騙されている

浮気相手から、直接、別れたくないと言われている場合です。

不倫と嘘は必ずセットです。不倫が始まるとき、君より妻が好き!とは言いません。妻より君が好き、と言います。同様に、家に居場所がない、君と一緒にいると落ち着く、妻とセックスレスだ、君と結婚した方が幸せだった、妻からモラハラされている、などと言います。円満な家庭の場合でも。

普通は嘘で言いますが、優柔不断な自己陶酔型の男性は、その嘘が真実だと自分で思い込む傾向があるので、浮気相手も信じてしまいます。彼女の中で、奥様は、彼を虐待する鬼嫁で、私が彼を助けてあげなきゃ!と変換されているかもしれません。

しかも、そうした男性は、優しくて、マメなんですよね…。

 

 

直接、3人で会うのが一番

こうした事情から、ご主人を介して、浮気相手を説得するのは困難です。

とても面倒ですが、3人で話し合うことが一番だと思います。

例えば、メールや手紙で奥様から、『夫が別れたがっている』と連絡しても、絶対に信用されません。奥様がひとりで彼女を説得しても、同様です。奥様は敵なので。

ご主人から、電話で『別れて欲しい』と言わせても、鬼嫁に言わされているだけで、きっと彼の本心ではない、と信用されません。

結局、直接、彼の言葉で、別れたい、君との関係は遊びだった、妻の方が大事、と言わないと、理解しません。(それでも理解しないかもしれませんが)

 

 

夫と浮気相手を別れさせたケース

優柔不断な夫と、夫に騙されている彼女を別れさせたひとのケースをご紹介します。実際に、3者面談した奥様の感想がベースになっています。

 

ポイント

堂々と、妻の威厳を持つこと。妻として、夫の不始末を、謝罪する。相手を非難しない。妻としての余裕を見せる。基本的には、夫に喋らせる。

 

会話例

・夫は誰にでも優しいので、あなたを勘違いさせてしまったかもしれない。寂しい人に付け入るのが上手いので。本当に申し訳ございません。

・私は、夫が本気なら離婚する覚悟がありました。しかし、夫もこう言っていますし、遊びのようなので…。そもそも、本当にあなたのことが大切なら、離婚してから交際していたと思います。

・夫から、夫婦関係をどんな風に聞いていますか?それは、すべて嘘です。夫婦生活もあり、一緒の寝室で寝ていました。休日には家族で楽しく過ごしていました。夫は、簡単にヤレそうな女性に嘘をついて、浮気するような男です。本当に申し訳ございません。ただ、こんな夫でも、私は夫を愛しています。

・夫は風俗が嫌いみたいで、素人に手を出すんです…。私も風俗よりは、その方が病気の面で安心なんですけど…。夫の性処理をしてくれて、ある意味では感謝しています。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

・夫はあなたが可哀想で、別れられないそうです。ただ、このままでは、あなたにとっても不幸でしょうし…。もし、あなたが望むなら、手切金を払ってもいいかといいです。そろそろ、夫を解放してあげてくれませんか?

※これはあくまでサンプルです。

 

 

夫に浮気されたときに知っておくべきこと】に戻る