夫が不倫相手と避妊していなかった

 

夫が浮気相手と肉体関係を持ったときに、コンドームをつけていなかった、という相談です。このときの心配は大きく2つです。

 

 

妊娠していないか不安

まず、相手が妊娠していないか、がとても不安だと思います。

ほとんどの相談では、実際に妊娠はしていませんが、最後に関係を持ってから、とても嫌な時間を過ごすことになります。

わざわざ検査するのも大変だし、浮気相手が生理が来たという連絡を待つのも嫌です。また、もし妊娠していると言われた場合でも、それは不倫をやめたくない、別れたくない女性の嘘であることも多いです。

ただし、本当に妊娠していた場合、かなり大変です。絶対に避けなければならないのは、知らないうちに出産していた、というケースです。

もし、女性が妊娠していた場合、連絡が来るのは奥様ではなく、ご主人です。そこで、絶対に奥様に隠れて余計なことをしないように、ちゃんと分からせておくことが肝要です。

場合によっては、連絡手段を消したり、強硬手段に出るのは、1ヶ月半ほど待った方がいいかもしれません。最悪なことにならないように注意が必要です。

 

 

病気が心配

次によく言われることは、なにか病気を移されていないか、です。それはご主人の心配もありますが、ご自身やお子様の心配でもあります。

これについては、病院で検査を受けることはよくあります。ただ、病気の種類によっては、すぐに検査することができません。潜伏期間があるため、梅毒などは約6週間から2ヶ月後にならないと検査できない、と言われるそうです。その間、もちろん、夫婦生活は難しいそうです…。

ただ、悩んでいても進展しないので、二人で検査に行くことをオススメします。

 

 

よくあることではある

慰めにもなりませんが、不倫相手と避妊していなかった、という相談はよくあります。あまり、そこまで詳しく聞くこともありませんが、不倫するひとは、そういう人が多いようです。

ほとんどの場合、子供が欲しいとか、そういうことではありません。猿が避妊しないのと同じなだけです。

 

 

まとめ

・知らないうちに出産することがないよう、夫に分からせる

・検査は旦那も含めて、自分もしておくと安心

 

夫に浮気されたときに知っておくべきこと】に戻る