慰謝料の分割払い

『不倫の慰謝料を分割払いできますか?』と聞かれることがあります。もちろん、慰謝料を受け取る側がOKであれば、問題はありません…。

まずは別の方法を探すべき

仮に12回に分割するとして、今後、1年間も不倫相手と関わるのは相当なストレスです。また、いつ支払いが滞ったらどうしよう…という不安もあります。まずは、支払う側が、親兄弟、友人、消費者金融など、別の人などから借りて、そちらに返すようにできないか相談しましょう。多少の利息は発生するかもしれませんが、仕方ありません。

もし、どうしても分割払いしかないのであれば、利息分を上乗せして返済するといいかもしれません。ただ、『絶対に分割払いじゃなきゃ払えない!』という相手には、認めざるを得ないでしょう。

いくら、親に相談すべきだ!消費者金融で借りて来い!と思っても、それらを強制することはできません。『一括で払わないと○○にバラす』などは違法行為にあたる可能性があるので、やめましょう。

債務承認弁済契約証書を作成する

どうしても分割払いになるとき、債務承認弁済契約証書という契約書を作成しましょう。

これは『不倫の慰謝料として、○○万円の支払い義務があることを認めて、月に○万円を支払います』という契約書です。借用書のようなものです。

これは公正証書にすることも出来ます。

また、連帯保証人をつけることも可能です。

費用は分割払いをお願いする側が負担することが一般的です。

当事務所では、2万円で作成することが可能です。

・慰謝料を請求されて、払うつもりはあるけど一括で支払えない…

・相手が分割で支払うと言ってきたけど、不安…

など、どちらからのご相談もOKです。

夫に浮気されたときに知っておくべきこと】に戻る