旦那の浮気を問い詰めるべきか?知らないフリをするべきか?

 

夫の浮気に気づいたとき、怪しいと感じたとき、あなたはどう行動するでしょうか?

すぐに問い詰めるか、証拠を集めるか、それとも知らないフリをして何もしないか…。同じ状況でも、個性がでる部分です。

 

 

スマホで検索、は共通

まずは現在の状況が重要です。まだ疑っている段階か、ご主人をスマホから怪しいLINEや写真が見つかったか…。どんな状況だとしても、浮気された奥様に共通することは、スマホで検索する、ということです。証拠のこと、離婚のこと、慰謝料のこと。どれも楽しい話ではありません。

 

 

本当に証拠は必要なのか?

スマホで、探偵さんのサイト、まとめサイトや知恵袋、不倫された方のブログなど、いろんなサイトを見ては、眠れない日々を過ごす方も多いです。その中で書かれていることは、とにかく証拠が大事、ということです。

それを信じ、なにも知らないフリをして、ご主人のスマホを見たり、車にICレコーダーやGPSをセットしたり、探偵への依頼を考えているかもしれません。

こうしたことが、悪いわけではありません。ただ、その時間や行動は、とてもとても辛いものだと思います。探偵に依頼した場合は長い期間、その知らないフリを続けなければならないかもしれません。

【探偵や興信所に浮気調査を依頼する前に】は別のページ記載します。

 

 

いつご主人を問い詰めるのか?

もし、苦労して法律的に”勝てる”証拠を集めて、いざご主人を問い詰めたとき、ご主人がどう反応するでしょうか? 「じゃあ離婚しよう」と言われるかもしれません。そのとき、ご自身が離婚したくなければ、なにも出来ないかもしれません。 離婚する場合でも、慰謝料100万円~200万円を貰えたところで、一生暮らせるわけではありません。たかだか1年分の生活費です。

 

極端に書けば、個人的には必ずしも証拠が必要だとは思いません

 

奥様に離婚する覚悟があるのか、ご主人がどんな性格なのか、いまどんな状況で奥様がなにを望むのか、によってまったく異なります。場合によっては、いますぐご主人を問い詰めることが大切な可能性もあります。

【夫に浮気を認めさせる方法】は別のページに書きます。

 

 

迷ったときは相談して欲しい

そうは言っても、いまの段階で離婚を決められるひとはほぼいません。迷い、不安に思い、過ごしていることと思います。

個人的には、自分で出来る範囲で調べてみて、なるべく早く専門家に相談して欲しいと考えています。いきなりご主人を問い詰めても、認めてくれないとき、浮気を止めることが出来なくなり、あとで後悔するケースもあります。

ご主人がどうしたら浮気を認めてくれるか、認めてくれないときにどうするか、もしくは探偵に依頼するべきか、など、専門家にご相談された方が良いのではないかと思います。

正直、もっと早く相談してくれていたら、出来ることがたくさんあったのに…と思うこともあります。慰謝料の金額よりも、奥様がどんな将来を望んでいるのか、ということの方がよほど重要なのです。

 

※証拠が不要、というわけではありません。証拠が足りなくて後悔することもあります。重要なことは、目的や希望がなにか、という点です。

 

 

知らないフリをするべきか?

話は変わって、夫が不倫していても全然構いません、という方もいます。

もう家族としての愛情しかないし、働きたくないので離婚はしたくないし、過度な浪費と妊娠だけさせなければ、好きにしていいです、という方です。

ここだけ書くと、ものすごくドライな感じがしますが、ここまででなくても、浮気を知っても面倒なだけなので、怪しいけど特に調べたり問い詰めたりしません、という方は珍しくありません。知らないフリが出来る方は、一定数います。

 

ただ、夫の浮気に無関心すぎても、困ったことになるケースもありました。

夫から、「俺が何年も浮気していても気づかないなんて、俺にまったく興味がないんだろう」「結婚している意味がない」などと言われて、夫から離婚を求められるのです。めんどくさいですよね。

確かに、夫の浮気に無関心なひとは、夫自体に無関心な気もします。(勝手なイメージですが)

その他、不倫も長く続けば責任を感じたり、別れられなくなったり、あまり良いことはありません。離婚しないにしても、不倫を放置することはオススメできません。

 

 

まとめ

すぐに旦那を問い詰めるか、証拠を集めるか、なにもしないか。

どれが正解ということはありません。ただ、なにも考えずに行動して、後悔している方もたくさんいます。インターネットには間違った情報もあります。専門家か、もしくはご友人などに相談されることをオススメします。

 

夫に浮気されたときに知っておくべきこと】に戻る