不倫相手が別れてくれない

夫の不倫相手が不倫をやめない、という相談があります。もちろん、夫から連絡しなければ良いだけでもありますが、なかなかそう理想通りには進みません。

大きく3種類

不倫相手の女性が別れない、不倫をやめないケースとして多いのは、「執着する女性」「なにも考えていない女性」「上から目線の女性」です。

執着する女性が言うこと

・別れるくらいなら死ぬ

・本当は彼は私が好き

・二番目でいい、不倫相手でいい

なにも考えていない女性が言うこと

・(警告したのに)彼から誘われたんで…

・(警告したのに)そういうつもりはなかった

・無言

上から目線の女性が言うこと

・彼から求められている、私は応じただけ

・別に彼のことが好きではない

・もう終わったこと、私は関係ない

特徴

奥様が不倫相手に連絡すると、不倫を認めるかどうかは別として、普通はもう会いません、連絡しません、と言われることが多いと思います。それか、略奪する気で攻撃的なひともいます。今回は、そのどちらでもないケースです。

執着する女性の特徴

こうした女性の特徴は、とにかく夫(彼)に連絡することです。奥様から連絡しても、奥様に返信せず、彼に連絡します。そして夫も優柔不断なことが多く、別れると言いつつ、ずるずる連絡します。奥様が悪者で、彼が可哀想、と言ってくることも多いです。妊娠した、と嘘をつくことも。

なにも考えていない女性の特徴

警告したり、慰謝料を払ったにも関わらず、また不倫するタイプです。ものすごく彼が好き、というよりは、誘われたら応じる、という感じです。連絡したら謝罪し、もう会わないと言いますが、守られません。夫が嘘が上手い、奥様を見下している、不倫を繰り返すタイプに多いと思います。

上から目線の女性が言うこと

年上で、自信のある女性に多い気がします。自分が奥様より偉いと思っているのか、絶対に謝らないタイプです。奥様が連絡しても、無視されることが多いです。ご主人が好意を寄せている、ということが多いです。

大事なのは夫、だけど…

基本的には、夫が連絡したり会ったりしなければ、不倫相手がどんなに不倫を望んでも叶いません。しかし、夫が優柔不断であったり、奥様を見下していたり、なかなかそう簡単な話ではありません。

夫に強く言えば、逆ギレされたり、離婚や家出をすると言い出したりすることも珍しくありません。こうした場合、女性の方から別れて欲しい、連絡しないで欲しいと思うことは当然です。

特にこうしたケースでは、すで不倫は明らかになっていて、過去の話ではなく、進行形の不倫であり、とてもストレスになります。昨日も不倫したんだな、また不倫するんだろうな、今どこにいるのかな、と苦しみます。

ひとりで悩まないこと

こうしたケースでは、奥様がひとりで悩んでいることが多いと感じます。離婚はできない、◯したら夫が◯する、きっとこういうリスクがある、◯はもうやった、などです。

ネットでどれだけ調べても、ネガティブに、そして狭い方向でしか考えることが出来なくなります。また、親、友人、専門家に相談したとしても、本当に色々なことを言われてしまい、まったく逆のアドバイスをされることもあります。

こうした状態になると、思考が停止してしまいます。動けなくなってしまいます。

思い込みというか、断定してしまうと、あまり良いことにはなりません。ときに諦めたり、決断することも大切です。ただ、まだ早いかもしれません。

結局、どうしたら良いか?をこのページに書こうかとも思いましたが、本当に個人ごとに異なるので、書きませんでした。

まずは、ダメもとで、すでにどこかに相談していても、また信頼できそうな専門家に相談することをオススメします。面倒ではありますが、いろいろな方に相談するほど、整理できることもあります。